「ボイコットジャパン」から2カ月、続く余波

日本の経済界は当惑、韓国財界から同調の声

日本政府が韓国を「ホワイト国」から除外したことを受け、ソウル市内で行われた日本製品ボイコットのデモ(写真:AP/アフロ)

今年7月に日本政府が韓国に対して輸出管理を強化したことに反発し、韓国で日本製品に対する不買運動が勃発。その勢いは現在も衰えていない。

当初、日本政府と日本企業は「影響は一時的」との反応を見せていたが、自動車の販売台数をはじめ、日本の製造業を代表する企業の製品に影響が出ている。

韓国の日産に「撤退説」が浮上

韓国の産業通商資源省によれば、今年8月に韓国で販売された輸入自動車は前年同期比で4.6%減少し、うち日本車は56.9%減少した。日産は84.4%減、ホンダは80.9%減。日産の高級車ブランドである「インフィニティ」は68.0%減、トヨタ59.1%減と日本車の販売はこぞって減少している。

不買運動が起きる前の今年6月、日本車の自動車販売全体に占めるシェアは20.4%だったが、8月には7.7%にまで縮小した。

さらに、イギリスのフィナンシャルタイムズは9月6日、「日産が韓国市場からの撤退を検討中」と報道した。京畿(キョンギ)道・龍仁(ヨンイン)市にあった日産の展示場が閉鎖され、韓国日産のホ・ソンジュン代表は9月17日、新車「ニューマキシマ」を発売開始の際に「大切な韓国のユーザーに最高の製品とサービスを提供するため最善を尽くすことが韓国日産の使命」と述べ、韓国からの撤退説を一蹴した。

とはいえ、安全性と品質の両面で韓国人に評価されてきた日本車の危機を端的に示す一例だ。

次ページ日本製ビールも不買運動で大打撃
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。