早すぎ?小6の「スマホ利用率」20%超という現実

親子間で「個人情報への認識」にギャップも

子どものスマートフォン利用について、保護者からはさまざまな声が上がっています(写真: mits/PIXTA)

スマートフォンの普及率は年々増加中。既に「子ども専用のスマートフォンを買ってあげた」という人も多いのではないでしょうか? 先日子どものスマートフォン利用に関するデータが発表されたので、結果を見ていきましょう。

小学6年生の約2割がスマホを所持!

今年9月に株式会社NTTドコモ モバイル社会研究所は、「ケータイ社会白書 2019年版」を公開。“スマートフォンとケータイのどちらを利用しているか?”とたずねたところ、83.5%の人が「スマートフォン」と回答しました。去年の調査結果では72.6%にとどまっていたので、スマートフォン利用者が急激に増加している様子が見て取れます。

“子ども専用として所有するスマホ・ケータイの種類”についてもアンケートを実施。小学6年生のスマートフォン利用率は22%、中学3年生では64%という結果になりました。続いて“子どもにスマートフォンを持たせた理由は?”と聞くと、約半数の保護者が「緊急時に子どもと連絡がとれるように」と回答。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

一方で子どもにスマートフォンを使わせることに、不安を抱える保護者も多いようです。同調査は「子どものICT利用の心配事」をリサーチ。「使いすぎに関する心配事」をあげた保護者は約9割、「ネットでのコミュニケーションに関する心配事」という回答は7割以上を占めました。

■スマホの使い方はチェックしてる?

「スマートフォンを子どもに使わせること」については、盛んに親同士の意見交換が行われています。もちろんスマートフォンの使い方を心配する親もおり、ネット上では「友達の子どもがスマホを持ったので、『そろそろいいかな?』と思って買い与えました。でも部屋にこもってスマホをいじるようになり、何度か取り上げたりしてます」「親子の連絡用として買ったはずなのに、外に持って行かせるのが心配…。落としたりしたら嫌だし、変な使い方をしてないか不安になる」といった声が。

次ページさまざまな手段で対策する親も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。