早すぎ?小6の「スマホ利用率」20%超という現実

親子間で「個人情報への認識」にギャップも

子どものスマートフォン利用について、保護者からはさまざまな声が上がっています(写真: mits/PIXTA)

スマートフォンの普及率は年々増加中。既に「子ども専用のスマートフォンを買ってあげた」という人も多いのではないでしょうか? 先日子どものスマートフォン利用に関するデータが発表されたので、結果を見ていきましょう。

小学6年生の約2割がスマホを所持!

今年9月に株式会社NTTドコモ モバイル社会研究所は、「ケータイ社会白書 2019年版」を公開。“スマートフォンとケータイのどちらを利用しているか?”とたずねたところ、83.5%の人が「スマートフォン」と回答しました。去年の調査結果では72.6%にとどまっていたので、スマートフォン利用者が急激に増加している様子が見て取れます。

“子ども専用として所有するスマホ・ケータイの種類”についてもアンケートを実施。小学6年生のスマートフォン利用率は22%、中学3年生では64%という結果になりました。続いて“子どもにスマートフォンを持たせた理由は?”と聞くと、約半数の保護者が「緊急時に子どもと連絡がとれるように」と回答。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

一方で子どもにスマートフォンを使わせることに、不安を抱える保護者も多いようです。同調査は「子どものICT利用の心配事」をリサーチ。「使いすぎに関する心配事」をあげた保護者は約9割、「ネットでのコミュニケーションに関する心配事」という回答は7割以上を占めました。

■スマホの使い方はチェックしてる?

「スマートフォンを子どもに使わせること」については、盛んに親同士の意見交換が行われています。もちろんスマートフォンの使い方を心配する親もおり、ネット上では「友達の子どもがスマホを持ったので、『そろそろいいかな?』と思って買い与えました。でも部屋にこもってスマホをいじるようになり、何度か取り上げたりしてます」「親子の連絡用として買ったはずなのに、外に持って行かせるのが心配…。落としたりしたら嫌だし、変な使い方をしてないか不安になる」といった声が。

次ページさまざまな手段で対策する親も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT