早すぎ?小6の「スマホ利用率」20%超という現実

親子間で「個人情報への認識」にギャップも

子どものスマートフォン利用について、保護者からはさまざまな声が上がっています(写真: mits/PIXTA)

スマートフォンの普及率は年々増加中。既に「子ども専用のスマートフォンを買ってあげた」という人も多いのではないでしょうか? 先日子どものスマートフォン利用に関するデータが発表されたので、結果を見ていきましょう。

小学6年生の約2割がスマホを所持!

今年9月に株式会社NTTドコモ モバイル社会研究所は、「ケータイ社会白書 2019年版」を公開。“スマートフォンとケータイのどちらを利用しているか?”とたずねたところ、83.5%の人が「スマートフォン」と回答しました。去年の調査結果では72.6%にとどまっていたので、スマートフォン利用者が急激に増加している様子が見て取れます。

“子ども専用として所有するスマホ・ケータイの種類”についてもアンケートを実施。小学6年生のスマートフォン利用率は22%、中学3年生では64%という結果になりました。続いて“子どもにスマートフォンを持たせた理由は?”と聞くと、約半数の保護者が「緊急時に子どもと連絡がとれるように」と回答。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

一方で子どもにスマートフォンを使わせることに、不安を抱える保護者も多いようです。同調査は「子どものICT利用の心配事」をリサーチ。「使いすぎに関する心配事」をあげた保護者は約9割、「ネットでのコミュニケーションに関する心配事」という回答は7割以上を占めました。

■スマホの使い方はチェックしてる?

「スマートフォンを子どもに使わせること」については、盛んに親同士の意見交換が行われています。もちろんスマートフォンの使い方を心配する親もおり、ネット上では「友達の子どもがスマホを持ったので、『そろそろいいかな?』と思って買い与えました。でも部屋にこもってスマホをいじるようになり、何度か取り上げたりしてます」「親子の連絡用として買ったはずなのに、外に持って行かせるのが心配…。落としたりしたら嫌だし、変な使い方をしてないか不安になる」といった声が。

次ページさまざまな手段で対策する親も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT