マツダ「CX-30」のデザインは、何が売りなのか

ボディサイズに込められた深い意味とは

9月20日に予約受注を開始したマツダの新型SUV「CX-30」(写真:マツダ)

マツダが新世代商品第2弾として9月20日に発表し、同日から予約受注を開始した新型SUV「CX-30」を見て、第1弾の「マツダ3」より万人受けするのではないかと感じたのは筆者だけではないはずだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その予想は間違っていなかった。マツダとしてはこのCX-30を中核として位置づけているという説明があったからだ。少し前まで、Cセグメントと呼ばれるこのクラスの基本形はハッチバックやセダンで、マツダ3がその任を担うことになったはずだが、今はやはりSUVがマーケットの中心にあるという。

CX-30という車名は、すでに各所で解説してあるとおりで、既存のSUVである「CX-3」は「マツダ2(旧デミオ)」ベースだったのに対し、こちらはマツダ3とプラットフォームやパワートレインを共有するので格上になるが、「CX-4」は中国市場向けに存在していたのでCX-30にしたようだ。

珍しく強調していたボディサイズ

それとともにマツダとしては、SUVを派生車種からラインナップの中核にシフトしていくという気持ちもあり、新しい価値観のもとで考えたSUVという意味も込めているという説明があった。

横から見たCX-30(写真:マツダ)

それ以上に印象に残ったのは、近年のマツダ車としては珍しく、ボディサイズを強調していたことだった。デザインを担当した柳澤亮氏も同じだった。

具体的に言えば全長4395mm、全幅1795mm、全高1540mmで、長さ4.4m未満、幅1.8m未満、高さ1.55m未満に収めた。マツダ3ファストバックより全長を65mm縮めたので、ホイールベースも70mm短い。コンパクトクロスオーバーのジャストサイズという位置づけを考え、この数字を導き出したそうだ。

次ページ忘れられない柳澤氏のエピソード
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。