「陰謀論を信じ込む人」の理解しがたい思考回路

自分の見える世界を見たい世界に塗り替える

陰謀論を簡単に信じ込んでしまう人もいるが、世の中で発信される情報の正否を自分自身ができていると言えるだろうか(写真:Marisa9/iStock)

陰謀論にはまり込んで信奉してしまう人は、どのような思考回路を持っているのだろう。まず、つじつまがまったく合わない矛盾した話を、同時に信じ込むという特徴がある。

自分の都合のいいように物事の認識を歪めてしまうズルい矛盾や、自己正当化は、多くの人の心のなかで起きることだが、イギリス・ケント大学の心理学者らによる2011年の研究によれば、もっと驚くべき矛盾を簡単に信じる現象が示されている。

話のつじつまは関係なし。ベースは「権力への不信感」

「オサマ・ビンラディンはアメリカ軍の急襲によって殺害された」というアメリカ政府の公式説明をどの程度支持するかを大学生たちに評定させたところ、政府の公式説明を疑問視し、「襲撃時にはすでにビンラディンは死んでいたのではないか」と考える人たちは、なんと同時に「ビンラディンはまだどこかで生きている」と正反対の主張をする傾向がほかの人よりも高かったという。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

また、ダイアナ妃の死に関する質問でも、「ダイアナ妃と同じ車に乗って死亡したドディ・アルファイド氏の商売敵が、2人の殺害を企んだ」という考えを持っている人たちは、同時に「ダイアナ妃は自らの死を偽装しており、まだどこかで生きている」というこれまた矛盾した考えも持っている傾向が高かったらしい。

つまり、人が陰謀論を信じるのは、その陰謀の「筋書の信憑性」によるのではなく、「陰謀論めいた考え方」そのものを支えたいという、もっと深い思い込みを抱いているためだというのだ。そして、こういった観念を生む大きな要因の1つは、「権威や権力に対する強い不信感」とされている。

私に「地震兵器で311の大震災は引き起こされた」と迫ってきた女性は、政府の説明も、専門家による解説も、マスメディアによる報道も信じていない。しかし、なんの根拠もなく誰が発信しているのかもわからないネットの情報は信じ込み、そして、つじつまの合わない話を堂々と語っていた。

「ボストンマラソンテロは、すべて舞台装置と役者による演技だ」と言っていた男性は、アメリカの自作自演であり、報道はすべてウソだと言いながら、8歳の男児が犠牲になったという報道だけは信じて「許しがたい」と言って批判しはじめる。つまり、事実がなんであれ、アメリカという国に対する不信感を持ち、ケチをつけられればよかったということなのだ。

次ページ陰謀論を信じ込む人の問題点とは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。