関西電力会長ら3.2億円の授受、税務調査で指摘

2011年から7年間、福井県高浜町の元助役から

関西電力は役員ら20人が去年までの7年間に、原発がある福井県高浜町の元助役からあわせて3億2000万円を受け取っていたことを明らかにした。国税局の税務調査で指摘されたという。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

関西電力は会見を開き、八木誠会長や岩根茂樹社長ら20人が、関西電力高浜原子力発電所がある福井県高浜町の元助役から2011年から7年間であわせて3億2000万円を受け取っていたことを明らかにした。

関西電力・岩根茂樹社長「(元助役は)地元の有力者で地域の共生の観点からお世話になっておりますので、(金銭を受け取った)我々として当該人(元助役)との関係悪化を恐れました」

関西電力は税務調査を受け八木会長ら役員から聞き取りを行ったところ、元助役から中元や歳暮、就任祝いの名目で直接、現金や物品を受け取ったという。

役員らは、現金の一部を返却したが税務当局から一部が所得にあたると指摘され、修正申告を行ったとしている。

日テレニュース24の関連記事
山梨・小1女児不明から7日目 捜索続く
御嶽山噴火から5年 犠牲者悼む
“歩きスマホ”女性に体当たり…男を逮捕
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。