40代あおり運転男、「エアガン」を京都でも発射か

車種・色・横浜ナンバーが同じ、関連を捜査

愛知県内の東名高速道路であおり運転のすえ、エアガンのようなもので発射したなどとして40代の男に逮捕状が出ている事件で、男が先月、京都市の名神高速道路上でもエアガンのようなもので発射していた可能性が高いことがわかった。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

この事件は今月8日、東名高速道路の上りで、ワゴン車を運転していた40代の男が、クラクションをならすなどのあおり運転のすえ、エアガンのようなもので発射し車を傷つけたとして、器物損壊の疑いで逮捕状が出ているもの。

その後の捜査関係者などへの取材で、先月2日、京都市の名神高速道路でも別の男性の車がワゴン車からエアガンのようなもので撃たれる被害を受けていたことがわかった。

被害を受けた男性「(相手が)走行車線を走っていて、横からエアガンでいきなり撃ってきた」

このワゴン車は、東名高速のワゴン車と車種や色が同じで、ナンバープレートも同じ横浜ナンバーだった。警察は、男が同じワゴン車から発射した可能性が高いとみて関連を調べている。

日テレニュース24の関連記事
前澤氏が代表取締役辞任「新たな道へ進む」
大規模停電 千葉市など今日中に復旧見通し
「安定と挑戦」第4次安倍再改造内閣が始動
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。