韓国がWTO提訴へ、日本の輸出管理強化は差別的

日本の措置の不当性をアピールしたい考え

日本による半導体材料の輸出管理強化は、政治的な動機に基づく差別的な措置だとして、韓国政府は11日、WTO=世界貿易機関に提訴する手続きに入ると発表した。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

韓国産業通商資源省 兪明希・通商交渉本部長「我が国の利益を保護し、政治的な目的で貿易を悪用する行為が繰り返されないよう日本の措置をWTOに提訴することにした」

韓国政府は発表で、日本の措置について、いわゆる元徴用工訴訟に絡む政治的な動機に基づいていて、「韓国を狙った差別的なものだ」と強調した。

WTOの紛争解決の手続きに従い、11日、日本政府に対し2国間協議を要請するとしていて、協議で解決できなければ、WTOでの審議が進められることになる。

韓国政府としては、日本の措置の不当性を国際的にアピールしたい考え。

日テレニュース24の関連記事
停電、断水、暑さ…千葉で生活に深刻な影響
H2Bロケット 火災で初の打ち上げ延期
「iPhone11」上位機種はカメラ3つ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。