「2週間誰とも話してない」独居老人男性の切実

シニア向けの結婚相談所には80代の登録者も

年齢が高くなり、健康に不安を感じるようになったら、なおさら1人暮らしの孤独が身にしみます(写真:asa/PIXTA)
還暦を過ぎてなお、人生最高の伴侶を求めるシニア層のリアルな姿を追った、幻冬舎新書『ルポ シニア婚活』(篠藤ゆり・著)。
2019年9月26日発売予定の本書から一部を公開。
シニア向けの結婚相談所では、86歳の男性や85歳の女性も婚活中だという。その背景には独居シニア男性の圧倒的な孤独感と、独居シニア女性の抱える貧困が見えかくれする。

独居シニア男性5人に1人「2週間誰とも会話していない」

国立社会保障・人口問題研究所が2017年に実施した「生活と支え合いに関する調査」では、単独世帯の人は他人と毎日会話する人の割合が低いことが判明した。

なかでも単独高齢男性の会話頻度はかなり低く、「誰かと会話するのは2週間に1回以下」の人が15%もいる。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

一方シニア女性は、単独世帯でも、「毎日会話する人」と「2~3日に1回会話する人」を合わせると87.2%。「2週間に1回以下」の人は5.4%となっている。

2週間に1度、人と話すかどうか。独居シニア男性の5人に1人は、そんな生活をしているのだ。

年齢が高くなり、健康に不安を感じるようになったら、なおさら1人暮らしの孤独が身にしみる。

もしかして孤独死するのではないかという恐怖も、年齢とともに増していくにちがいない。

次ページ男性は寂しさ、女性は経済的不安がシニア婚活の動機
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。