広々ワンフロア「平屋の家」根強い人気の背景

さまざまな家庭環境にマッチする間取り

平屋にはどういった住みやすさがあるのか解説します(写真:pamspix/iStock)

いつかは「夢のマイホーム!」 をとお考えの人も多いかと思います。ですが、一体どんな家がいいのか迷ってしまいますよね。そこでご紹介したいのが今、選ばれている”平屋” タイプのマイホームです。

平屋というと少し古臭いイメージがあるかもしれませんが、実はある大手住宅メーカーの調べによると、三割の方が次に住みたいと思う家に平屋を挙げているのです。それではなぜ平屋タイプが選ばれているのでしょう。

平屋のメリットとは

平屋のメリット、それは何と言っても”区切りのない広々とした開放感のあるワンフロア”ができるというところです。

二階建て以上の建物になると、二階部分を支えるために強度のある太い柱が上まで必要になってしまうので、広々としたワンフロアというのがなかなか難しくなってしまいます。仮に最小限の柱だけで建ててしまうと、耐震強度がなくなってしまいます。せっかく建てた新築の耐震が無いなんて怖くて住めませんよね。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

でも、平屋なら二階を支えるための柱も必要ではなくなる分、余分な柱や強度を気にせず広いリビングが作れるというわけです。1つのフロアで完結できる平屋は、廊下などを作らなくてもいいので、生活動線を考えることがほとんどなく、フラットに家族がつながることができる空間を作ることができます。

さらに、二階建てより天井を高くできるので、より開放感のある大きなリビングにしたり、ロフトを作ったりすることもできます。また、二階建て以上だと、各部屋を区切ることになるので、どうしてもそれぞれの部屋に冷暖房設備が必要となりますが、ワンフロアにできる平屋なら冷暖房もクーラーが1つあれば家全体に効果があるので、節電にも役立ちます。

部屋数が少ないと、その分、掃除も楽になるので、忙しいお母さんの味方でもあるのです。

次ページ子育てにもぴったり!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。