「泥棒の通報」で1万円の報奨金!愛知県の本気度

住宅侵入窃盗の抑止目的の制度として全国初

「侵入盗」の被害件数が全国トップクラスだった愛知県。そこで生まれた画期的な対策制度とは?(写真:Graphs/PIXTA)
お盆が終わり、続いてやってくるのは秋の行楽シーズン。お出かけの機会が増えるこの時期は、防犯対策もしっかりと行いたいですよね。実は今月、愛知県が全国初の“泥棒通報制度”をスタート。「この取り組みはアリかも!」と話題になっています。

窃盗を通報すれば1万円!?

8月2日から開始されたのが、「住宅ドロボウ通報応援制度」。豊田警察署・生活安全課の「速報 とよけい」によると、実施期間は来年3月31日までの予定です。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

具体的には、窃盗に対する情報を提供した人に対し1万円が支払われるという同制度。愛知県内で発生した「住宅対象侵入盗等」に関して、検挙に寄与したと判断された情報に報奨金が支払われます。ただし、匿名の通報や警察職員からの情報は対象外。もちろん、被疑者本人や共犯者、情報を入手する過程で犯罪を行った人も報奨金はもらえません。

制度のスタートに合わせて、愛知県警は県内の商業施設でイベントを開催。ドロボウをイメージした“黒ずくめの3人組”がビラを配って周知していました。

住宅侵入盗の抑止を目的にした報奨金制度は全国で初めてということで、反響の声も殺到。「こういう制度はイイと思う!」「これからは目を見開いて生活していきます」と、好意的な意見が多く上がっていました。

一方で、「でっち上げとか詐欺が怖い気もするな」「嘘の情報が増えて捜査が混乱するんじゃない?」と不安に思う人も。中には「捜査に協力するのって意外と大変だよね。警察に色々聞かれて時間を取られるって考えると、1万円はそこまで高くないのかも」という意見もあるようです。

次ページ「侵入盗」被害が全国トップクラス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。