「泥棒の通報」で1万円の報奨金!愛知県の本気度

住宅侵入窃盗の抑止目的の制度として全国初

「侵入盗」の被害件数が全国トップクラスだった愛知県。そこで生まれた画期的な対策制度とは?(写真:Graphs/PIXTA)
お盆が終わり、続いてやってくるのは秋の行楽シーズン。お出かけの機会が増えるこの時期は、防犯対策もしっかりと行いたいですよね。実は今月、愛知県が全国初の“泥棒通報制度”をスタート。「この取り組みはアリかも!」と話題になっています。

窃盗を通報すれば1万円!?

8月2日から開始されたのが、「住宅ドロボウ通報応援制度」。豊田警察署・生活安全課の「速報 とよけい」によると、実施期間は来年3月31日までの予定です。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

具体的には、窃盗に対する情報を提供した人に対し1万円が支払われるという同制度。愛知県内で発生した「住宅対象侵入盗等」に関して、検挙に寄与したと判断された情報に報奨金が支払われます。ただし、匿名の通報や警察職員からの情報は対象外。もちろん、被疑者本人や共犯者、情報を入手する過程で犯罪を行った人も報奨金はもらえません。

制度のスタートに合わせて、愛知県警は県内の商業施設でイベントを開催。ドロボウをイメージした“黒ずくめの3人組”がビラを配って周知していました。

住宅侵入盗の抑止を目的にした報奨金制度は全国で初めてということで、反響の声も殺到。「こういう制度はイイと思う!」「これからは目を見開いて生活していきます」と、好意的な意見が多く上がっていました。

一方で、「でっち上げとか詐欺が怖い気もするな」「嘘の情報が増えて捜査が混乱するんじゃない?」と不安に思う人も。中には「捜査に協力するのって意外と大変だよね。警察に色々聞かれて時間を取られるって考えると、1万円はそこまで高くないのかも」という意見もあるようです。

次ページ「侵入盗」被害が全国トップクラス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT