先端を行く「AIコンサルティング」の可能性

「ソニーグループのDNA」SREホールディングス

AI人材が活躍できるさまざまなチャンスがそろう場所

角田 日本では圧倒的にAI人材が不足し、政府も対策に乗り出しています。山﨑先生は大学で、どのような教育によってAI人材を生み出していらっしゃるのか伺えますか。

山﨑 日ごろから学生に言っているのは、「私を超えて行け」ということ。そして「オンリーワン・ナンバーワンを目指せ」ということです。

「私を超えて行け」というのは、目の前にいる教師すら超えることができなければ、世界で戦えるような人材にはなれないからです。どんどん踏み台にしてほしいですね。もちろん、私も簡単には超えられないように努力しますが。

「オンリーワン・ナンバーワン」を目指せというのは、人まねではない自分独自のものを生み出してほしいということです。そのためには、「困っている人の悩みや、社会の課題を解決したい」という自分なりの視点と意志が大切です。

角田 当社でも優れたAI人材は積極的に招聘していて、私も日々様々な方とお話ししています。私はそのような人材が集まる場にとって重要なのは、いかに各人が成長するための「機会」を提供できるかだと思っています。いくら優れた知識や経験を持っていても、それを発揮する機会がなければ成長もできないし、やりがいも感じることができないでしょう。

その点で当社は、ソニーグループのAI×リアル企業として、戦略立案から開発・実運用までのAIビジネス化に参画いただき、単なるエンジニアにとどまらない、ビジネス実行ができるフルスタックエンジニアとしてのキャリアにつながる「成長機会」があります。それに加え、ソニーグループの最先端のテクノロジー、R&D、さらに人材と連携をしたAIの開発とそのビジネス化までを行うことができ、これは他のAIベンチャーでは経験できない大きなメリットだと考えています。私自身も、まさにそれを実感として感じています。ソニーにいたときには、どうしてもSeedsベースからの発想が強く、Needsサイドの発想が欠けていたと思います。SREホールディングスでは、最先端のテクノロジーを念頭に置いた上で、実際の顧客の声を聴き、Market Drivenの発想を行うことで、自分の技術・サービスが世の中に受け入れられる確率が高まり、AIで社会の課題を解決している、より良い社会を作るのに貢献しているという実感があります。

青木 当社には、前例にとらわれず、新しいことにも積極的に挑戦できるソニーのDNAもあります。不動産に限らず、AIを用いて、「新たなビジネス/サービスを実現したい」、「お客様の課題解決をしてみたい」「自分のマーケットバリューを上げたい」という人にぜひ参加してほしいですね。

山﨑 SREホールディングスさんが不動産という枠にとらわれず、AIを生かした新たなビジネスに積極的に挑戦されているというお話を聞き、日本の企業の可能性を感じました。機会があれば私たちの研究室と一緒に何かやれるといいですね。

角田・青木 ありがとうございます。我々も、山﨑先生の「私を超えて行け」、「オンリーワン・ナンバーワンを目指せ」という掛け声のもと、志高く最先端の技術を研究している学生の方々とぜひ新たな取り組みをご一緒できれば、と強く思いました。ぜひお願いします!

お問い合わせ
SREホールディングス株式会社