「熱中症予防」気温だけに着目すると危ない理由

湿度が高いと気温30℃程度でも油断できない

暑さの危険性は複合的な要素で決まります(写真:しげぱぱ/PIXTA)

夏とは思えない7月前半の涼しさがうそだったように、梅雨明け以降、とくに8月に入ってからの日本列島は過酷な暑さに見舞われています。

8月2日は、全国に926ある観測地点の9割近くにあたる824地点で真夏日となり、そのうち236地点で猛暑日となりました。東京では、7月24日以降ずっと真夏日が続き、猛暑日が8月6日〜9日の4日間続きました。ちなみに「猛暑日」とは最高気温35℃以上、「真夏日」は最高気温30℃以上、「夏日」は最高気温25℃以上の日です。また、「熱帯夜」は最低気温25℃以上です。

これまで涼しく、体が暑さになれていない状態で急に猛暑になったため、熱中症になる人が急増しています。

熱中症患者は集計開始以降2番目に多い

総務省消防庁が発表した、熱中症による全国の救急搬送者数(速報値)は、7月15日〜21日が1948人、7月22日〜28日が5664人、7月29日〜8月4日は1万8347人。2週間で10倍近く増えました。1週間で1万8347人というのは、集計開始した2008年以降で2番目の多さです。この週(7月29日〜8月4日)は、熱中症により全国で57人が亡くなっています。

(出所)総務省消防庁

8月6日の朝、京成線で停電により電車が停止した際、エアコンも止まって車内がサウナ状態になってしまい、少なくとも7人が熱中症で救急搬送されたそうです。この日の都内は朝から気温が高く、午前7時半には30℃を超えていました。

次ページこの夏の特徴は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。