今さら聞けない「ショートカットキー」の基本技

キーボードを使いこなして仕事の効率UP!

「Ctrl+Z」やり直し

間違えて戻りたい場合に便利なのが、この「Ctrl+Z」です。いくつか前まで戻ってやり直すことができるので、覚えておいて損はない機能です。

Excelの入力には「Tab」と「Ctrl」がおすすめ!

Excelで表を作る場合、「Enter」でタテにしか進めないと思われていないでしょうか?

「Tab」キーを使って横に進み、下の行に進みたい時は「Enter」を押すと行頭に戻ります。そして、いちばん上の行に戻りたい時は「Ctrl+↑」、いちばん下の行に進みたい時には「Ctrl+↓」です。行頭に戻りたい時には「Ctrl+←」、行末に進みたい時には「Ctrl+→」で瞬間移動が可能です。全範囲を選択したい場合は、「Shift+Ctrl+矢印キー」で、「Shift+矢印キー」だけならば、1行(1列)ずつ範囲を選択することが可能です。

いつも使うキーボードの特徴を理解して、ミスしやすい場所を把握しよう
キーボードで早く作業を進められるようになると、キーボードの配置によってミスする場所が決まってきます。ナンバーロックキー(NumLock)とバックスペースキー(BackSpace)が隣にあって、文字を削除したいのにテンキーを動かなくしていたり、右削除(Delete)したいのにInsert(上書き)ボタンを連打していたり…。キーボードの特徴を理解することで、ミスを減らすようにすることも、効率化には有効な手段です。

この20年間で大きく変化し続けているインターネットやパソコン、携帯、スマホ…。とはいえ、実はこのキーボードの機能だけは、この20年間、ほとんど変わることがありません。

知っているだけで得した気分になる、このショートカット機能…。あまり目立つ知識ではありませんが、マウスを持つ回数が減るだけで、入力速度が上がり、仕事の効率アップになることでしょう。「パソコンに自信がない」という人も、これを機にキーボードの裏ワザをマスターしてみてはいかがでしょうか。

(ライター/佐藤仁美)

CHANTOの関連記事
複雑な集計が簡単に!Excelのピボットテーブルとは
メモの取り方一つで仕事の効率はガラッと変わる
ブラインドタッチをマスターしてパソコンスキルをUPする7つのコツ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT