今さら聞けない「ショートカットキー」の基本技

キーボードを使いこなして仕事の効率UP!

「End」ボタン

「Home」ボタンの反対で、同じくWord、Excelの起動時、「End」を単独で押すとカーソルは行末へ。「Ctrl」と同時に「End」を押すと、カーソルは文書の最後に移ります。行の途中にいったん戻って訂正して、さらに打ち続けたい場合、一気に行末へカーソルを持っていくことができるので便利です。

「PgUp」「PgDn」

ページアップ(ページダウン)キーと呼ばれ、ページの最初(最後)に一発で移動することができます。文書の編集中はどこに飛ぶかわからない場合が多いのであまり使いませんが、矢印キーを連打することなく、大きく戻ったり進んだりできるので、長い文章を書いている方にはとても便利な機能です。

「Shift」「Ctrl」キーの今すぐ使える裏ワザ5つ!

文書作成でのいちばんおすすめは、「Shift」と書かれたシフトキーと、「Ctrl」と書かれたコントロールキーを使いこなすこと!それぞれひとつずつ単独では使えないのですが、パズルのように組み合わせることで便利な機能がいっぱいです。

「Ctrl+S」名前を付けて保存または上書き保存

いちばんおすすめしたいのが、この「Ctrl+S」の保存機能。入力中、手を止めてちょっと考えたい時などに、この「Ctrl+S」を押すクセをつけることで「せっかく1時間かけて書いたのに消えたー!!」という、あの悲しみから逃れることが可能です。

「Ctrl+X」カット、「Ctrl+C」コピー、「Ctrl+V」ペースト

マウスや「Shift+矢印」で範囲を取った部分を一瞬でカット、コピー、ペーストできてしまいます。入力速度を上げたい人や、繰り返し同じ言葉を使う人にはおすすめです!

「Ctrl+F」検索

「さっき〇〇って、ひらがなで書いたっけ?カタカナで書いたっけ?」と思った時、この「Ctrl+F」で検索画面を開いて入力するだけで、すぐに探し出すことが可能です。同じ文書の中ではできる限り表記を統一させたいと考える人にはとても便利です。

「Ctrl+Y」くり返し

「こことこことここと…」とたくさんの文字サイズと色を変えたい場合、一度マウスを使って文字のサイズと色を変えたなら、あとは範囲を選んで「Ctrl+Y」を押すだけで一瞬で文字のサイズと色が変わります。初めは装飾せずにベタ打ちにしておいて、最後に「Ctrl+F」で検索しながら、「Ctrl+Y」で文字の変更をすると、一気にできるので爽快です!

次ページエクセル編集におすすめの2キー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT