今さら聞けない「ショートカットキー」の基本技

キーボードを使いこなして仕事の効率UP!

F6:Word、Excelともに入力時に押すとひらがなに変換されます。
F7:Word、Excelともに入力時に押すとカタカナに変換されます。
F8:Word、Excelともに入力時に押すと半角カナに変換されます。
F9:Word、Excelともに入力時に押すとアルファベット(全角)に変換されます。初期設定のままならば、1度目は小文字、2度目は大文字、3度目は1文字だけ大文字に変換されます。
F10:Word、Excelともに入力時に押すとアルファベット(半角)に変換されます。初期設定のままならば、1度目は小文字、2度目は大文字、3度目は1文字だけ大文字に変換されます。
F11:Excelの場合、グラフ作成画面に移動しますがあまり使いません。インターネットを見るブラウザーを使っていて、全画面表示にしたい時によく使うのがこのF11キーです。
F12:Word、Excelともに「名前を付けて保存」の画面が開きます。

また、キーボード下部にある「Fn」と書かれたエフエヌキーと同時に押すことでスピーカーの音を消したり、画面を明るくしたりすることができます。使っているパソコンのメーカーによってまったく違う機能が割り当てられているので、説明書を見てご確認ください。

「Prt Scr」と書かれているボタンは、スマホで言う「スクリーンショット」と同じ機能でとても便利です。単独で「Prt Scr」を押した場合はその時に見えている画面すべてを、「Alt+Prt Scr」を押した場合は、その時に使っているアプリを撮ることが可能です。

4つのキーを使えば、矢印キーを連打しなくなる!

普段、あまり触れることはないかもしれませんが、右側に並んでいるボタンも使いこなすことで、マウスのホイールをグルグルする必要も、矢印キーを連打する必要もなく、スマートなパソコン操作ができるようになります。静かなオフィスやお客様の前でパソコン操作をする人にとってはワンランク上級に見えるボタンなので、ぜひ覚えていただきたいです。

「Home」ボタン

Word、Excel起動時、「Home」を単独で押すとカーソルが行頭に戻ります。「Ctrl」+「Home」を同時に押すと、カーソルは先頭に戻ります。マウスのホイールをグルグルしなくても、この「Home」ボタンを押すだけで一瞬で最初まで戻ることができるのです。

次ページ文末に合わせたいときは「End」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT