今さら聞けない「ショートカットキー」の基本技

キーボードを使いこなして仕事の効率UP!

普段あまり使わないキーは、実はとても便利なものでした(写真:shironosov/iStock)

普段何気なく使っているパソコンのキーボード。ひらがなが書いてあるメインのキーはよく使うと思いますが、すべてのキーを使いこなしているでしょうか? 実は、それらのキーには、便利な機能がいっぱい詰まっているのです。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

パソコンのメーカーやOSの種類、バージョン、使うアプリなどによって機能が異なる場合がありますが、知っておけば、WordやExcelの達人になれる機能が満載です。

そんな、今からすぐにでも自慢したくなる、キーボードの裏ワザをご紹介します。

ファンクションキーって?いつ、どのように使う?

いちばん上の段に「F1」~「F12」まで並んでいるキーをまとめて「ファンクションキー」と言います。「エフいち」~「エフじゅうに」と呼ばれていて、覚えていなくてもマウスで操作はできますが、ExcelやWordの文字入力に便利な機能がたくさん詰まっているのです。

それでは、各ファンクションキーの機能を確認してみましょう。

F1:ヘルプ画面が立ち上がります
F2:Excelでセル内の文字を一部分だけ変えたい時、マウス操作ならば2回セルをクリックしてから書き直しますが、マウスを使わずに、矢印キーでセルを選んでF2キーを押すと、再入力をすることが可能になります。
F3:WordやExcelでは出ませんが、使うアプリによってはF3キーを押すだけで検索画面が出てきます。
F4:ExcelでF4キーを押した場合、新しいファイルが開きます。
F5:Wordでは「検索と置換」の画面、Excelではジャンプ画面が開きます。
次ページボタンひとつでスクリーンショット
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。