50代前後で突然訪れる病気は他人事ではない

人間の「老化のメカニズム」をまず知ろう

50歳からココロとカラダはどう変わる?(写真:Ushico/PIXTA)

人間にみな平等に訪れる老い。

(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします) 

『キッパリ!』の著者・上大岡トメさんも50歳を目前にカラダの異変に気づきます。

7月11日に発売された『老いる自分をゆるしてあげる。』は、トメさんが真摯に「老いとは何か?」に向き合ったコミックエッセイ。

変化する「ココロ」と「カラダ」の扱い方がわかります。

突然起こった体の不調

次ページ健康には気をつけていたのに…!?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング