鈴木奈々の人気を脅かし始めた新鋭4人の実力

元AKB・SKE、元なでしこ狙う「女王の椅子」

「ポスト鈴木奈々」となりうる新鋭女性タレントとは?(写真:つのだよしお/アフロ)

ここ数年、女性のモデルやアイドルなどがバラエティ番組に出るケースが増えてきました。容姿端麗であるうえに、バラエティでとぼけた面白さを出してくれる彼女たちは「テレビの華」とも言える存在です。現在でも、藤田ニコルさん、滝沢カレンさんをはじめとして多くの人がテレビに出ています。

そんな中でも、モデルやアイドルであるにもかかわらず、バラエティ番組で体を張って笑いを取りに行く人も出てきています。その先駆けとなったのがモデルの鈴木奈々さんです。彼女は一時期まではバラエティの女王として君臨していました。

体張ることも辞さない「できる女」

鈴木さんの魅力は、天性の明るさと落ち着きのなさです。とにかく挙動不審で動きが激しく、テレビのフレームをはみ出しそうなほどの勢いがあります。話し方もややうるさくてしつこい感じもしますが、実はさりげなく本質を突くような的確なことも言っていたりします。バラエティ番組の枠の中で「おバカ」の役割を演じきれる「できる女」という一面もあるのです。

また、体を張ったリアクション芸も得意としています。芸人たちにまじって、体当たりロケに挑んだり、過酷な企画をこなしたりすることもあります。「オールスター感謝祭」(TBS系)では、全身タイツで体中をローションまみれにして坂を登る競技に参加し、女性芸人たちにまじって一歩も引かない健闘を見せて話題になりました。

以前、仕事でテレビ局を訪れたときに鈴木奈々さんを見かけたことがあります。彼女の楽屋の前を通りかかる人全員に「鈴木奈々です!よろしくお願いします!」と、全力の大声で機械のようにあいさつを繰り返している姿が印象的でした。裏でもそのキャラクターを押し通す彼女にタレントとしてのプロ意識の高さを感じました。

次ページ鈴木奈々を脅かす天性のおバカキャラ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。