子どもの「自転車保険」広がる義務化への対処

条例で加入必須にする自治体も出てきている

子どもの自転車保険について解説しています(写真:マハロ/PIXTA)
ニュースでもときどき見かける、子どもの自転車事故。子ども自身がケガをする以外にも、お年寄りなど歩行者に被害を与えてしまうケースもあり、高額な賠償金が発生しています。お金ですべてが解決するわけではありませんが、万が一の場合に備えて自転車保険への加入は今や必須といって良いでしょう。
しかし、車やバイクと違って、実は自転車は全国的に保険の加入が義務付けられているわけではありません。そこで今回は、子どもを持つママ・パパ向けに、いま子どもの自転車保険はどんな仕組みになっているのかを解説します。

子どもの自転車事故はどのくらい起きている?

「うちの子、自転車は持ってるけど、そんなに乗らないし…」と、自転車保険には特に加入していないという人もいるかもしれません。

しかし、警察の発表した事故件数調査によると、平成30年中に自転車が関わった交通事故は年間85,641件。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。元記事はこちら

そのうち、自転車と車やバイクの接触事故は約8万件で、平成20年の約15万件と比べると半分近くと、ずいぶん減ってはいます。

ところが自転車と歩行者の事故は2756件と、10年間でほとんど横ばい。前年と比べるとむしろ増えています。

本人が自転車に乗らなくても、歩いていて自転車とぶつかることもあります。

また、警察庁発表の「小学生の状態別死者数・死傷者数」(平成25年~29年)を見ると、小学校1年生と4年生では自転車事故の死傷者数は約3200人から約6300人と倍増しています。

今はそんなに自転車を使わなくても、成長するにつれ行動範囲が広がって、子どもだけで自転車で出かけることも増えますので、いずれにしても注意が必要といえるでしょう。

次ページ全国一律の義務化は見送られた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。