アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

上位3冊が総入れ替え、1位は「時間術大全」

『時間術大全』が初の1位を獲得しました(画像:zak/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、6月23日~29日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『時間術大全』が初の1位を獲得

今週(6月23日~29日)のランキングでは、前週7位だった『時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』(ジェイク・ナップ著、ダイヤモンド社)が1位に輝いた。ダイヤモンド・オンラインに記事が掲載され、注文が集まったという。

『時間術大全』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位には、前週4位の『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』(橋下徹著、PHP研究所)がランクインした。アマゾンによると、特別な要因は確認できず、安定した人気を保っているという。

3位は、前週5位の『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)だった。特定カスタマーによるまとめ買いのほか、安定した人気も保っているという。

前週47位から7位にランクアップしたのが、『日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義』(デービッド・アトキンソン著、東洋経済新報社)だ。東洋経済オンラインの記事(日本人はなぜ「論理思考が壊滅的に苦手」なのか)の影響で、注文が集まったという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング