はじめての「歌舞伎鑑賞」覚えておきたい基本

イヤホンガイドを利用するのがオススメ

はじめての歌舞伎鑑賞をするときに、知っておきたいポイントをご紹介します(写真:wind of May/PIXTA)

歌舞伎は日本古来の伝統芸能です。いざ観に行くとなるとちょっとしり込みしてしまうというか敷居が高く感じでしまいます。ですが、普段見ているテレビドラマには多くの歌舞伎役者の方が出演されています。

お気に入りの役者さんがいればその方の出演している歌舞伎を観にいってはいかがでしょうか。歌舞伎といえば、銀座にある明治22年に開業した歌舞伎座が有名ですが、日本の各地にホールがあり、有名な歌舞伎役者さんも巡業しているのです。

初めての観劇では

歌舞伎を観るとなると、日本古来の伝統芸能ということもあり、やはり和装の方がふさわしいのかしらと考える人も少なくありません。

実際に歌舞伎の観劇者の中には和装の方も多くいます。高級レストランなどにあるようにドレスコードといった類のものはありません。よほど奇抜な格好でない限りは和装でもお洋服でも、どちらでも大丈夫!ですが、観劇するのは自分だけではないですから、周囲の人たちの迷惑や邪魔になるような服装は避けておいたほうがよいでしょう。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。元記事はこちら

例えば帽子や髪型です。自分の後ろの人が歌舞伎を観るのに邪魔になってしまいます。こういったマナーがしっかりと守られていれば問題はないのです。

また、初めての観劇では誰が誰かわからないといったこともあるでしょう。歌舞伎の場合、隈(くま)取りといった特殊なメイクをします。そのため、違いがわからないといった人も多いのです。

ですが、初めて歌舞伎を鑑賞する方であっても主人公は自然と判断ができるので安心です。テレビでも俳優業をしているような人気の役者さんが主役をされる舞台をみれば一目瞭然。あとは何度も足を運んでいると隈取の模様でもわかるようになってくるのです。もちろん知っている役者であれば声でも判断は可能ですね。

事前に準備しておきたいこと

歌舞伎は舞台で行われるのですが、その観劇にはチケットを購入します。そのチケット代は、席の位置によって金額が大きく異なります。

舞台の真ん前の特等席が一番良い席ですので、さすがにここは1番良い値段になります。公演等でも異なるのですが、歌舞伎座で1等席は1万5千円くらいです。目の前でみると歌舞伎の迫力が感じられ、その素晴らしさを実感できることでしょう。しかし、一般人がそう何度も足を運べるような金額ではないですよね。2等席で1万千円、3階だとA席が5千円、B席が3千円ほど。

次ページ舞台から遠い席で役立つグッズ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。