タレント事務所「インディーズ映画」参入の背景

広末、有村らの所属事務所が積極的に関与

公開中のインディーズ映画『月極オトコトモダチ』。映画『フラガール』や連続テレビ小説「わろてんか」で好演した徳永えりが主役を務める ©2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

昨年に公開された映画『カメラを止めるな!』が興収31.2億円の大ヒットを記録する社会現象を巻き起こしたことで、インディーズ映画に注目が集まっている。同作を最初に上映した新宿 K's cinemaと池袋シネマ・ロサは「『カメ止め』の聖地」と呼ばれるようになり、その後も数多くのインディーズ作品を上映。インディーズ映画に興味を持つ層も増えているようで、シーンも盛り上がりを見せている。

インディーズ作品といえば、世間的には無名の監督・無名のキャスト陣による作品が多いイメージがあるかもしれないが時折、著名な俳優などがキャストに名を連ねていて驚くことがある。筆者が近年、映画祭などで観た作品で言えば、平田満主演の『家族マニュアル』や、渡辺いっけい主演の『いつくしみふかき』といった作品が該当する。

芸能事務所フラームがインディーズ映画に積極関与

ぜいたくな予算がなく、高額なギャラを期待することができないインディーズ映画に彼らはなぜ出演するのか。話を聞くと、「監督やプロデューサーなどと既知の仲だった」「出身地をPRする映画だから」など、さまざまな理由があるようだ。

現在公開中のインディーズ映画『月極オトコトモダチ』(新宿武蔵野館ほか全国順次公開中)と『疑惑とダンス』(キネカ大森にて公開中)は、朝ドラ「わろてんか」や映画『フラガール』などでも知られる女優の徳永えりが主役を務める。

彼女が所属する芸能事務所 FLaMme(フラーム)には、徳永のように、メジャー作品やインディーズ作品の枠を飛び越えて活躍する女優が多く所属している。芸能事務所にとって、インディーズ作品に出演するメリットとは何なのか。フラームのチーフマネジャー辻村草太氏にその背景、狙いを聞いた。

次ページ広末涼子、有村架純らが所属
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。