時速360km、英国「HS2」の車両受注は誰の手に?

5者が応札、日立はボンバルディアと連合

日立とボンバルディアが公開したHS2向け車両のイメージ(画像:Hitachi Rail Europe)

イギリスで計画されている、最高時速360km仕様の高速鉄道新線用の車両納入に対する入札が6月5日に締め切られた。欧州メーカー4社とともに、新幹線車両の生産で実績を誇る日立もボンバルディアと組んで応札した。

この高速鉄道プロジェクトは「ハイスピード2(HS2)」と呼ばれ、まずはロンドンとイングランド中部のウエストミッドランズ州バーミンガム付近を結ぶ約360kmを第1フェーズとし、2026年の開業を目指す。

鉄道発祥の国・イギリスで蒸気機関車による鉄道の誕生からおよそ200年後に開業する本格的高速鉄道。メーカー各社が提案したのはどんな車両なのか。

まさに「英国新幹線」

イギリスには現在、「ハイスピード1(HS1)」と呼ばれる高速鉄道がある。これはロンドンとドーバー海峡トンネル(ユーロトンネル)のイギリス側出入口とを結ぶ路線で、国際特急「ユーロスター」や日立製高速車両「クラス395」が走っている。だが、同線はユーロトンネルとの接続を主な目的としており、国の都市間移動を支える動脈とは言いにくい。

また、日立製の高速車両導入プロジェクト「都市間高速鉄道計画(IEP)」が「英国新幹線」として紹介されることもあるが、これは在来線を走る旧型車両の置き換えプロジェクトのことで、新たに高速鉄道の路線を建設する計画ではない。

一方、HS2は都市間を結ぶまったく新しい高速鉄道新線をゼロから建設しようという計画だ。したがって、HS2のほうが日本の「新幹線」の意味合いに近い。

次ページ総額約7兆円の巨大プロジェクト
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。