フジテレビ、社長交代で「真の復活」果たせるか

制作大改革で劇的回復、次なるカギは視聴率

業績が順調に回復してきたフジテレビだが、一層の成長にはまだ課題も少なくない(写真はお台場の本社ビル、撮影:今井康一)

「社長としてのミッションはシンプル。フジテレビの視聴率を回復させ、その結果としての業績をさらに上げることだ」

6月7日、フジテレビと親会社フジ・メディア・ホールディングス(HD)は社長交代会見を開いた。6月末の株主総会を経て、フジテレビの社長には同社の遠藤龍之介専務、HDの社長には同社の金光修専務が就任する。遠藤氏は冒頭のように淡々と新社長としての抱負を語った。

2017年にテレビとHDを兼任する形で就任した宮内正喜社長の下、フジテレビの業績は大きく回復した。2017年度の決算は6期ぶりに営業増益に転換し、2018年度は前年度比で2倍以上に急増した(下図)。

長寿バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」と「とんねるずのみなさんのおかげでした」の終了に象徴される番組編成改革や、制作現場をはじめとする徹底したコスト削減が功を奏した形だ。さらに『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などの映画の大ヒットが後押しした。

視聴率回復はまだ「道半ば」

とはいえ、肝心の視聴率は復活したとはいえない。2018年度のゴールデン帯(19~22時)は8.1%と前年度から0.3ポイント改善させたが、日本テレビ(11.9%)、テレビ朝日(10.5%)、TBSテレビ(10.0%)に次ぐ4位に甘んじたまま。トップ3の背中が近づいたとはいえない。宮内現社長は5月の決算説明会で、「改善の兆しは見えているが、まだ道半ば」と評している。

遠藤新社長は、「かつて時代の心をきちんとつかんでいたわれわれが、ここ数年その動きについていけなくなったのは否めない。長寿番組を打ち切らざるをえなかったのも1つの表れだろう」と振り返りつつ、「ただ昨年からはトライアンドエラーを繰り返しながら挑戦している。昨年後半から数字が上向いているのも、その兆しではないか」と語る。

収益には少しずつ結び付きつつある。今年4月のスポット広告収入は前年比3.6%増となった。関東地区全体では前年を下回る中、シェアアップを実現。この背景には広告主の視聴率の捉え方の変化もある。

次ページ今、視聴率が激変している
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。