「未婚男性」は未婚女性より340万人超多い現実

世界で起きている「男余り現象」とは一体何か

たとえ未婚女性全員が結婚したとしても、20~50代の未婚男性300万人が余るという人口構造上の問題が起きています(写真:tomos/PIXTA)

どう頑張っても、結婚できない男性が300万人もいます。

この連載の一覧はこちら

実は、未婚男性と未婚女性の人口差は、全年齢合計で約340万人もあります。20~50代に限定しても約300万人、未婚男性が多いのです(2015年「国勢調査」)。

つまり、日本全国の未婚女性がすべて結婚したとしても300万人の未婚男性には相手がいないということです。もっとも、未婚女性全員が結婚するわけではありませんから、実際にはもっと多くの男性が余るという計算になります。これが、「男余り現象」というものです。

75歳以上で男女逆転する

各年代別の男余り数は以下のとおりです。

15歳から74歳まで、すべて未婚男性人口のほうが多いことがわかります。75歳以上で男女逆転しますが、それは悲しいかな、未婚男性が生涯未婚のまま寿命が尽きてしまったからです。

こちらの記事(『茨城県が1位!「ニッポン男余り現象」の正体』)で、都道府県別の男余り率ランキングも発表しています。なお、このデータは独身研究家として私が独自に算出したものですが、日本テレビ「月曜から夜ふかし」などをはじめとしてさまざまなメディアで紹介されました。

どうして未婚男性のほうが多くなってしまうのでしょうか?

これは、出生時男女比によります。明治時代からの統計を見ても、ほぼ出生時男女比は1.05で、男児のほうが多く産まれます。1年間5%ずつ男が多く産まれ、それが40~50年継続すれば、それくらいの差分となって表れます。

しかし、かつての明治以前の時代は、男児の乳幼児死亡率も高く、結果として男女比はほぼ同数に落ち着いていたと言えます。医療の発達によって乳幼児死亡率が下がれば、当然「男余り」という状態に陥るわけです。

次ページ「男余り人口」の長期推移
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング