「戦争論」をあえてビジネス書として読む効用

ビジネス戦略での防御・集中・天才の本質

『戦争論』がなぜビジネスに役立つのか、その奥深さを解説します(写真:Pangaea/PIXTA)

愚者と賢者に境目はない

私は人文系の書籍を多く読む。雑誌も読むよう心がけている。

あるとき、高名な学者が、某国で流行していた疫病について語っていた。その知識は異常なほど広大で、疫病や医学研究史や、パンデミック時の群集心理にも触れていた。その学者が、けっきょくのところ、私たちとしては何に注意すべきか、という質問に答えていた。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

「手洗いとか、うがいとかが重要ですよね」

きっと笑うべきところではないだろうが、笑ってしまった。なぜならば、それなら無学な私もやっている。これは知識を揶揄したいわけでは、けっしてない。私も知識の欠片を売って生活している。

しかし、と私は思ったのだ。愚者も賢者も、行動レベルでは変わりがないのか、と。

『戦争論〈上〉』(岩波文庫)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

まだ私が20代の若いころ、ある方のご厚意で、ビジネススクールに無料でご招待いただいた。といっても、何日間かの短期間のもので、企業のケーススタディを読み、参加者でディスカッションするものだった。業種の違うひとたちが、それぞれの企業がなぜ成功したのか、なぜ失敗したのかを討議する。宿題として用意した、おのおのの分析結果を見せ合う。

参加者は、課長になる直前の方々で、私よりもだいぶ年齢は高かった。グループで資料をまとめ、それを講師が講評する。その講師も、どこかのMBAを取得していて、経営の経験もある。その解説の見事さに、若い私はたいへん感心した記憶がある。

次ページ見事な分析に感じた強烈な違和感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。