「やる気スイッチ」ドーパミンを増やすコツ

小さな目標を設定し「見える化」してみよう

億万長者になっても、なお働く理由はなんなのか? 

ズバリ、「自分の才能を生かせる」「自分の可能性を試せる」「人に喜んでもらう」「社会に貢献している」。そして、そのプロセスにやりがいを見出しています。だから、いくつになってもリタイアせずにいる。仕事が楽しいからです。

成功する人は、信念を胸に、未知なる目標を持ち、ワクワクドキドキしながら、さらなる高みを目指し、達成したら脳内から報酬としてドーパミンが出る。そうした好循環を築いているのです。

平穏無事な生活をしているとドーパミンが減る

ドーパミンは、達成感や快感、爽快感、喜び、感動などをもたらしてくれるホルモン なので、不足すると無感動、いわゆる「イヤなヤツ」になります。あなたの周りに、いつも無表情だったり、ほとんどリアクションをとらない人はいないでしょうか。

たとえば、誕生日に、奥さんがおいしい料理を作ってお祝いしてくれたとします。でも、ドーパミンが出ないと、喜びがありませんので「だから何?」という状態になります。奥さんは、サプライズであなたが欲しがっていたものもプレゼントしてくれました。 でも、あなたは「あぁ、これね。ふーん」と、薄いリアクションです。これでは、夫婦関係が終わるのは時間の問題でしょう。

日頃から、「どうしてもっと喜んでくれないの?」「なんでこの映画を見て、泣かずにいられるの?」など、無感動を指摘されているなら、ドーパミンが分泌されにくくなっているのかもしれません。

実は、平穏無事な生活を続けていると、脳内のドーパミンが減ってくることがわかっています。人は、変化のない生活だと、退屈に感じます。そして刺激を求めるようになります。ですから、退屈を感じている主婦に不倫が多いのは、ワクワクドキドキすると ドーパミンが出るからです。

平穏無事な生活をしているとドーパミンが減ってきます。では、どのようにすればドーパミンを増やせるのでしょうか。

ワクワク、ハラハラ、ドキドキすることで分泌されるということを踏まえると、お勧めしたい方法があります。

それは、「未知なる恐怖心」を体験することです。

たとえば、今まで出たことのないマラソン大会に参加するなど、未経験な分野にちょっとした恐怖心をもって取り組むのです。

未知なる恐怖心があると、「どうすれば完走できるんだろう」「普段、どのような練習をしたらいいのだろう」「もっと速く走るためにはどうすればいいんだろう」と、勉強をすると思います。

「10キロ走れた」となれば達成感や幸福感が生まれるので、「15キロ走れるかも」「今度はハーフマラソンに出てみよう」というふうに考えられるようになります。こうやって、 達成感、幸福感、自信が積み重なって、どんどん新たなドーパミンが分泌されるのです。

そして、本当にマラソンを完走したときには大きな達成感を得ることができます。ただし、このときに出るドーパミンを貯めることはできません。その瞬間と同じ達成感に浸り続けることはできないのです。

次ページ分泌されるドーパミンは苦労の大きさに比例する
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。