「やる気スイッチ」ドーパミンを増やすコツ

小さな目標を設定し「見える化」してみよう

「やる気」スイッチには、ドーパミンと脳の構造が大きく関わっています(写真:Kazpon/PIXTA)
体内でつくられ、生命活動をコントロールする「ホルモン」。その一つ、生きる意欲をつくるホルモンがドーパミンです。ドーパミンは、達成感や快感、爽快感、喜び、感動などをもたらしてくれます。そんなドーパミンがたくさん分泌される「魔法のスイッチ」はどこに? 加藤雅俊さんの最新刊『奇跡のホルモン・スイッチ――潜在能力を引き出す』からお届けします。

失敗する社長と成功する社長は目標の立て方が違う

私のオフィスは高層ビルに入っているのですが、以前、私のオフィスの上の階に、名の知れた社長さんの会社が入っていました。その人は、よくテレビでも取り上げられていたIT社長でした。しかし、2~3年はメディアをにぎわしていたものの、やがて失脚していきました。

これは、私の推測ですが、彼はきっと「お金持ちになりたい」という気持ちでビジネスを始めたのだと思います。もちろん、お金持ちになりたいというのは、起業する上で当然の願望なので、否定するつもりはありません。

けれども、彼にとって問題だったのは、本当にお金持ちになれたということです。普通は、願っても大金は手に入りません。だからみんな、試行錯誤して努力を続けます。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

でも、彼はものすごいスピードで成功し、大金を手にしました。そして、早くに目的を達成したため、仕事の中でお金以外の目的を見出せずにドーパミンを出すことができなくなり、お金持ちになったことで、無気力な状態に陥ったのではないかと思うのです。

私はいろいろな企業の経営者ともお付き合いがありますが、本当の意味で成功する社 長というのは、お金を目標にはしません。「こういうことがしたい」「仕事が楽しい」「人の役に立ちたい」という思いこそが出発点であり、お金はあとからついてくるものだと考えています。

たとえば、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏は、総資産が10兆4000億円ですし、日本人では、ソフトバンクの孫正義氏が、2兆3000億円です。彼らも、生活のために働いているわけではないでしょう。

次ページドーパミンが減る理由とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。