胃がん検診「内視鏡」「造影」どちらが有効か

初期に自覚ほぼなし、専門医が見逃すことも

胃がん検診を受けるなら、バリウムを飲んで撮影する造影検査と内視鏡検査、どちらがよいのでしょうか?(写真:freeangle/PIXTA)  
通勤電車でお腹が痛くなる、逆流性食道炎がなかなか治らない、若い頃より便秘がちになってきた……。口から肛門まで、体を貫く消化管トラブルに悩む人への最新バイブル『胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康』(奥田昌子氏著・幻冬舎新書)が発売2週間で3刷となる大反響です。
今回は本書の内容から、健康診断シーズンに知っておきたい「内視鏡検査と造影検査」についてご紹介します。

早期胃がんに自覚症状はほとんどない

国立がん研究センターの「2018年のがん統計予測」によると、この年あらたに胃がんと診断される人は12万8700人にのぼり、男女合わせて4万5900人が胃がんで亡くなるとされています。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

発症率も死亡率も近年低下を続けているとはいえ、胃がんは今日も多くの人を苦しめています。

がんが小さいうちに発見できればよいのですが、初期には自覚症状がほとんどありません。あるとしたら、みぞおちの痛みや、空腹時ないし食後のにぶい痛みがあげられます。

食欲低下や吐き気、吐血、そして、がんができた場所によっては胸焼けをはじめ、逆流性食道炎に似た症状が起きることもあります。

ただし、これらは胃がんそのものの症状ではなく、一緒に発生している胃炎や胃潰瘍の症状であることが多いようです。そのため、胃薬を飲むと症状がおさまるので、「治ったってことは胃がんじゃなかったんだ」と勘違いしがちです。

胃がんを早期に発見するには、やはり、定期的に胃の検査を受けるしかないわけです。

次ページ内視鏡検査と造影検査、どっちがいいの?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。