医師が無断で自分の子に、体外受精49人が判明

2年前に既に死亡、不妊治療のオランダ人医師

オランダで不妊治療の際に男性医師が無断で自分の精子を使って体外受精を行い、49人の子供を生ませていたことがわかった。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

AFP通信などによると、オランダで不妊治療のクリニックを経営していた男性医師が女性に無断で自分の精子を使い、体外受精を行っていた。

女性らの求めで行われたDNA鑑定の結果、体外受精で生まれた49人の子どもが、この男性医師と親子関係にあることがわかった。女性やその家族らは子供の顔や瞳の色が、この医師に似ていたことから疑問を抱いていたという。

クリニックは既に閉鎖し、医師は2年前に89歳で死亡している。動機は明らかになっていないが、地元メディアによると、医師は生前様々な提供者の精子に自分の精子を混ぜたことなどを認めていたという。

医師が、ほかにも同様に子供を産ませた可能性があり、現地では疑いがあれば検査をうけるよう呼びかけられている。

日テレニュース24の関連記事
体に皮膚めくれるほどのヤケド“元夫殺害”
T・ウッズ選手、マスターズ14年ぶり優勝
130キロの男性がホームから落下…間一髪
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。