自由が丘駅が「丘」でなく「谷」にある駅名の謎

私鉄にはたくさんある「山・丘」がJRにはない

東急東横線自由が丘駅の高架下を横切る遊歩道はかつては川だった。つまり駅は周囲より低い場所にある(筆者撮影)

東京周辺の地形と駅名の関連性を調べていて、2つの面白いことに気づいた。

自由が丘駅(東急)は丘(高い所)ではなくむしろ谷(低い所)に立地している。梅ヶ丘駅(小田急)も丘の下に位置している。○○丘駅というふうに「丘」の付く駅の多くは丘の上どころか谷底にあったりする。

山と丘が私鉄にあってJRにない

そんなこと、とっくに気づいているという方もいるかもしれないが、もう1つ奇妙な事実を見つけた。これには大発見した気分になってしまった。以下のことである。

都内の私鉄の駅には、「山」の付く駅が数多くある。代官山駅、御嶽山駅、大岡山駅、武蔵小山駅(以上東急)、八幡山駅、千歳烏山駅、浜田山駅、久我山駅(以上京王)、京王・小田急永山駅、萩山駅(西武)、大山駅(東武)などである。

奇妙なことにこれらはすべて私鉄の駅で、JRの東京都内の駅には「山」が付く駅が1つもないのである。

山だけではない。都内のJRには、「丘」が付く駅もない。さらにいえば富士見台駅のように「台」の付く駅もない。いったいこれはどうしたことだろう。

都内のJR線が平坦地を走っていて私鉄が丘のある凸凹地形の台地を走っているというのなら、理由はわかる。だがそうではない。JR中央線は小田急や京王と同じく、規模は小さいながら凸凹の多い地形の武蔵野台地を走っているし、JR青梅線に至っては奥多摩の山間部へと分け入っていく。

次ページ「丘」が付く駅名のイメージは
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。