「ザクロを食べるな」伝承残る福井集落の現在

菅原道真に由来、今では伝説知らない住民も

福井のある集落に言い伝えられる伝承をひもとくと、ザクロと有名な歴史上の人物の接点にいきあたります(写真: kolesnikovserg/PIXTA)

福井県福井市の天菅生町に、ザクロを食べてはいけないという言い伝えがある。同区に縁がある菅原道真(天神様)が、ザクロを食べたときに火を噴いたという伝説に由来し、かつては庭木として植えることもはばかられた。ただ「昔はよく親から聞かされた」という住民も、近年は言い伝えが薄れ、“罪悪感”を感じながら食べてしまうこともあるとか。

福井県立歴史博物館の学芸員によると、901年に菅原道真が藤原時平の陰謀により太宰府に左遷された時、その子孫も太宰府や地方に左遷されたという。

区の言い伝えによると、天菅生町には、飛騨高山に左遷された子孫の1人が現在の大野、勝山、鯖江を経て同区にたどり着いた。身元を隠すため名字を「菅波」と名乗ったという。地区には道真を祭った菅原神社もある。現在集落の戸数は14軒。

「道真公に申し訳ないけれども、時代の流れ」

ザクロの伝説は、道真にまつわる絵巻「北野天神縁起」に見られる。死後に怨霊となった道真が、時平を呪い殺そうと比叡山延暦寺を訪れた際の話。僧侶に時平を守らないよう懇願したが断られ、その時に食べたザクロが怒りのあまり炎に変わったという。この伝説が天菅生町の住民に伝わり、いつしかザクロを避ける風習ができた。

ザクロを食べない風習を説明する男性。書物には由来となった菅原道真の伝説が記されている=福井県福井市天菅生町(写真:福井新聞)

菅原一族の子孫とされる男性(85)は、父親から「ザクロを食べてはいけない。庭にも植えてはいけない」と言われた。子どもの頃は「食べたくても食べられなかった。他の地域の子を見てうらやましく思ったこともあった」と振り返る。初めて食べた時は「甘酸っぱくて、こんな味だったのか」と目を丸くしたという。

近年は風習が薄れ、伝説自体を知らない住民も多くなった。男性自身も多少の罪悪感を感じながらザクロを食べることがある。「道真公には申し訳ないけど、これも時代の流れですね」と、自宅の和室に飾られた天神像をちらりと見た。

福井新聞の関連記事
キュウリを育てては絶対ダメな町
「男性シンボル」逃げる女性追う
白い子猫かと思ったらタヌキだった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。