「誕生日祝い」を凝りに凝る、若者たちのリアル

インスタ映えを超えて、さらに高度化

若者たちの「最新」の誕生日事情とは?(写真:Mills/PIXTA)

筆者は長年若者について研究してきましたが、この数年、「若者たちの誕生日の異変」に違和感を覚えてきました。

私の学生時代を思い返してみると、同じゼミやサークルの仲良しの女子同士、いわゆる親友に近い人同士は互いの誕生日を祝ったり、互いに誕生日プレゼントを贈り合ったりしていました。

しかし、親友とは言えない関係性の女子同士はそんなことをしていなかったように記憶していますし(ゼミやサークル皆で祝うというのはあったように思いますが)、いわんや付き合っていない男女であったり、男子同士(仮に親友であっても)で誕生日をお祝いするケースはそれほど多くなかったように思います。

しかし、今の若者たちの間では、親友でなくても、男女間でも、男子同士でも、場合によっては「よっ友(互いにすれ違うときに「よっ!」と言うだけの関係性)」同士であっても、状況によっては誕生日を祝ったり、誕生日プレゼントを贈り合うのがかなり一般的になってきています。

このように若者の間で誕生日という存在が大きくなっている中、今回は現役の大学生たちが、最新の若者の誕生日の祝い方の実態をレポートしてくれています。

リムジンに乗る若者はどこへ…?

数年前、派手に友人の誕生日を祝う若者が多く見られた。ドレスを着て大人数でリムジンやロンドンバスに乗るなど、SNSでも多く見かけられた当時の誕生日会は、非日常で豪華なものが多かった。写真の派手さに対していいね!をもらえたからかもしれない。

今回リポートしてくれる大学生たち。写真左から、須田孝徳(早稲田大学商学研究科 修士1年)、佐藤美梨(慶應義塾大学2年)、千葉愛子(日本女子大学2年)

しかし昨今は、当時と傾向が変わっている。豪華というより、もっと祝われる子の「らしさ」を重視した、オリジナル感のある祝い方が主流になっているのだ。

写真をSNSに投稿する際も白黒に加工したり、枠をつけたり。こだわりやセンスに対していいね!がほしいという人が増えている。

リムジンなどに比べれば、祝い方やプレゼント自体はオーソドックスにも見えるが、よくよく見ると強いこだわりと工夫が感じられる。数年前から続く若者たちの間での“誕生日サプライズ“の新しい傾向について、いくつか事例を紹介する。

次ページ誕生日の主役の子をイメージしたプレゼント
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。