トヨタが「国際レース」に力を入れる意外な理由

「走り」と「IT」を担う友山副社長を独占取材

トヨタ自動車の友山茂樹副社長。写真は2017年9月の発表会のもの(撮影:梅谷秀司)
トヨタ自動車執行役員副社長の友山茂樹氏は、2つの(実際にはそれ以上の)顔を持っている。TOYOTA GAZOO RacingとしてWRC(世界ラリー選手権)やWEC(世界耐久選手権)といったグローバルでのトップカテゴリーのモータースポーツに参戦し、またそこで培ったノウハウを活かしたスポーツモデル「GR」シリーズを展開するGAZOO Racing Companyのプレジデントを務める一方で、同時にコネクティッドカンパニーのプレジデントとして、これからのクルマに欠かせないコネクティッド技術の展開を中心となって推し進めているのだ。そう、旧来のクルマ好きにアピールする部分と、未来のクルマの中核を、同じ人物が取りまとめているわけである。
1月に開催された東京オートサロン2019で、TOYOTA GAZOO Racingは「GR Supra SUPER GT CONCEPT」を発表した。そのステージのあと、ステージから降りたばかりの友山副社長に話を聞いた。

SUPER GTに新型GRスープラで参戦

――今回、2020年からの国内最高峰の自動車レースである「SUPER GT」に新型GRスープラで参戦するという発表がありました。その理由と意図を教えてください。

われわれTOYOTA GAZOO Racingは昨年、WRC、WECなどの世界選手権で、ある一定の存在感をグローバルで示すことができたと考えています。一方、SUPER GTも2020年からはいわゆるクラス1規定としてDTM(ドイツ ツーリングカー選手権)と車両規則がそろいます。そうなったら手がけるべきはやっぱりGAZOO Racingだろうし、GAZOO Racingでやるならスープラだよねということです。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

もともとスープラは、(豊田章男)社長がニュルブルクリンクで成瀬さん(故 成瀬弘氏。トヨタ自動車マスターテストドライバー)にいろいろ教えてもらっているときに「他社は新型スポーツカーで走り込んでいるのに、ウチには中古のスープラしかない」って言われたのがきっかけで、絶対にスープラを復活させるんだっていう思いの下、ようやく世に出すことができたんです。復活というのは単に売るだけじゃなくて、本格的なレースフィールドにスープラを持ってくるということ。DTMと車両が共通になる(Super GTがさらにグローバル化する)タイミングでスープラが登場する。すべてかみ合っての今回の発表だったんです。

――現在SUPER GTでは、レクサスがサーキットのVIPスイートを用意しての観戦ツアーを行うなどカスタマーサービスに使っていますよね。こうした活動は、GRでも継続していくのでしょうか?

(昨年発表したように)WECの参戦マシンであるトヨタTS050をベースにしたGRスーパースポーツというクルマを数年のうちに発売するのですが、そのターゲットユーザーは、いわば超富裕層です。その方々へのマーケティングとしては、レクサス以上のラグジュアリーなライフスタイルを提供することが必要になると考えています。

次ページ「レーシングカンパニー」と名乗る意義
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。