吉野家、ぬぐい切れぬ「9年ぶり赤字転落」懸念

人件費増、既存店不振のダブルパンチが直撃

既存店の客数が減少し、通期決算で赤字転落への懸念が浮上している吉野家(記者撮影)

創業120周年の牛丼チェーン吉野家を傘下に持つ吉野家ホールディングスが業績不振に苦しんでいる。同社は1月10日、2018年度の第3四半期(2018年3~11月期)決算を発表した。売上高が1500億円(前年同期比2.4%増)と増収ながら、本業の儲けを示す営業損益は5.6億円の赤字(前期は25.9億円の黒字)に転落した。

同社にとって第3四半期を終えて営業赤字となるのは、4.7億円の営業赤字だった2009年度以来で、実に9期ぶりだ。2009年度は通期でも8.9億円の営業赤字となっている。

通期で営業赤字に転落する懸念

今年度が始まる当初、同社は41億円の営業黒字を見込んでいた。牛肉やコメなどの食材価格の上昇をある程度織り込み、数を多く売ることで利益を確保する算段だった。ところが、期初からアルバイトの採用に苦戦し、人件費や採用費が逼迫。物流費の高騰も想定を超えた。

そこで、上半期(2018年3~8月期)を終えた2018年9月に業績見通しを下方修正。今年度通期での営業利益の見通しを11億円へ大幅に減額した。

この下方修正した通期見通しにも、書き入れ時である第4四半期(2018年12月~2019年2月期)を考慮しても、届かない可能性が非常に高くなった。「通期では営業黒字に持っていく」と会社側は説明するが、通期ベースで営業赤字となる懸念もぬぐい切れない。

次ページ営業赤字化の2つのわけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。