「カラスはかわいい」と断言できる意外な生態

25年間カラスを観察した研究者が語る魅力

カラス研究者・東京大学総合研究博物館の松原始先生(左)とライターの夏生さえりさん(写真:幻冬舎plus)
『カラス屋、カラスを食べる』(幻冬舎新書)の著者であり、世界でも珍しいカラス研究者・東京大学総合研究博物館の松原始先生に、Twitterフォロワー約20万人の人気ライター・夏生さえりさんが突撃取材!
先生はふだんどうやってカラスを観察しているの? カラスって何を食べるの? どこで寝てるの? 「カラスの聖地」だという代々木公園を散策しながら、たっぷりとお聞きしました。

みなさん、こんにちは! ライターの夏生さえり(@N908Sa)です。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

さて突然ですが、みなさんは「カラス」にどんなイメージを持っていますか? 襲われそうで怖い、頭がよくてずる賢い、ゴミを漁って汚い、うるさい、嫌な鳥……。全身まっ黒なせいか、悪いイメージを持ちがちですよね。

でも「カラスほどかわいい鳥はいない」と語る人がいます。

『カラス屋、カラスを食べる』(幻冬舎新書)などカラスにまつわる本をたくさん執筆してきた、松原始先生です!

松原先生はなんと25年もカラスを研究されている、世界でも珍しいカラス研究者です!

お話を伺ってみると……

カラスの目で見ると、東京は入ってはいけないところだらけ…!
カラスにとって代々木公園は、フリーゾーン?
カラスの卵は、チョコミント色…!
カラスが、先生の家までついてくる…!?

などなど、これまで知らなかったカラスの不思議なお話をたくさん伺うことができました。

「カラス」という種類はない

夏生さえり:本日はよろしくお願いします! 早速ですが、カラスにはどうしても怖いイメージがあるのですが……。

よく見ると、カラスが描かれたTシャツを着ている松原先生(写真:幻冬舎plus)

松原始:だいたいの方がそういうイメージをお持ちですよね。

でも、カラスは「ビビり」だし、時にまぬけです。これほど面白くてかわいい鳥はいない、と僕は思うんです。カラスってよく見ていると、「今、餌採りに行くか迷っているでしょ」「今、照れ隠ししたでしょ」と突っ込めそうなくらい、動きが多様で……。観察していて飽きることはないですね。カラスを研究し続けて、25年も経ってしまったくらいですから。

次ページ日本でよく見るカラスは2種類
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング