センター試験直前に「避けるべき」3つのこと

追い込みで長時間の勉強はしてはいけない

センター試験直前にしてはいけないことは何でしょうか(撮影:梅谷秀司)

アップルショックではじまり、米中関係などからも目が離せず、波乱が予想される2019年。大学受験を志す人にとっては、「自分にだけは波乱もショックも起きてほしくない! 」と考えていることでしょう。

受験生にとって、目前に迫っているのがセンター試験(1月19日、20日)です。喫茶店を見渡しても、勉強している人が多い時期になりました。そこで今回は、試験1週間前の受験直前期に、受験生と親が陥ってしまいがちな3つのわなについてお話しします。直前期にやってはいけないこととは何でしょうか。

1つ目は、情報のわな

社会人であれば、普段からアンテナを張り巡らせ、自らの知識、見識を高めるための情報収集をすることは必須です。そのために、新聞や本を読み、セミナーに通い、ニュースアプリなどを熟読するわけです。社会人であれば情報の洪水に呑み込まれても、なんの問題もありません。

しかし、受験直前期に「情報収集」をするのはNGです。いたずらに情報を集めてもいいことなど何もありません。直前期には、「あれが出るらしい」「あの教科書・問題集はよく当たるらしい」といった、まことしやかな話がなぜか回ってきます。

特に、SNSの発達した現代においては、注意が必要です。直前期というのは、自分で思っている以上に神経質、敏感になっているものです。そんなときツイッターを見てみると……。

「センター試験、おれのときはこうしたら成功した」

「センター本番ではこんなのが出て焦った」

といった、自分の体験談のみに基づく、したり顔の大人たちの昔話が氾濫しています。情報の海で溺れてはいけません。

現代においては、情報は集めるよりも取捨選択するほうがはるかに難しいのです。下手に情報を収集してしまうと、その取捨選択に困ってしまい、余計な情報が頭に入ってきて、無駄に戸惑うだけです。

次ページ直前期の長時間勉強もNGだ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。