ついに福井県で最後のサブウェイが閉店へ

フランチャイズ会社は理由を明らかにせず

2018年12月31日に閉店するサブウェイ福井やしろ店(写真:福井新聞)

サンドイッチチェーン店「SUBWAY(サブウェイ)」で福井県内唯一残っていた店舗「サブウェイ福井やしろ店」が2018年12月31日で閉店することが分かった。

サブウェイ福井やしろ店は北陸3県でサブウェイやブックオフをフランチャイズ展開している電陽社(本社富山県砺波市)が運営。2015年、アル・プラザ鯖江(鯖江市)の敷地内にあった鯖江店から「ブックオフ福井やしろ店」内に移転してオープンした。電陽社は閉店の理由を明らかにしていない。

閉店は赤字の影響か

県内では1996年にショッピングセンター「アル・プラザ鯖江」(鯖江市下河端町)内にオープン。その後、アピタ敦賀店(敦賀市)やアピタ福井店(福井市飯塚町)などにも店舗を構えたが、いずれも閉店しており、福井やしろ店のみとなっていた。

米国発祥のサブウェイはパン生地やドレッシングを好みで選べ、挟む野菜やハムなどをオーダーできる。全国に約300店舗あり、健康志向の消費者の支持を得て人気を集めている。ただ、日本サブウェイの決算公告を見ると2015~17年度の3期連続で赤字を計上している。

近隣府県では石川県や滋賀県、京都府などに店舗がある。福井のサブウェイファンは今後、あのサンドイッチを食べるためには県外に“遠征”しなければならない。

福井新聞の関連記事
オリオン電機が主力事業を譲渡
梨農家の姉妹、カレーで危機脱出
窓際にニホンカモシカ、見つめ合う
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。