75歳以上「年長社長」未上場会社版ランキング

現役で活躍し続ける代表者たちは?

今でも現役を続ける未上場会社の社長をランキングに分けました(写真:ふじよ / PIXTA)

約400万社(法人としては約200万社)が存在しているとされている日本企業の中で、上場会社は約3700社、それ以外は未上場会社だ。

東洋経済新報社が会社四季報「未上場会社版」データを基に掲載企業の代表者の年齢を年長順にまとめた。

画像をクリックすると、会社四季報未上場会社データのサイトにジャンプします

上位には80歳以上、中には90歳を超えても、会社を束ね続けているトップがいることがわかる。

また、今回用意した年長者ランキング上位185人はすべて75歳以上(注:9月生まれまで)が並んでいる。社長の高齢化が進んでいる印象を受ける結果となった。

ランキングに使用した社長の年齢は2018年11月時点のもの。

調査対象者は、2018年9月に刊行した『会社四季報 未上場会社版』の調査に基づく会社代表者とした。未掲載項目は「―」としている(『会社四季報 未上場会社版』では未上場会社のうち、売上高が一定規模以上の有力会社を中心に1万2500社を掲載している)。

ランキング上位には90歳を超える代表者が連なる

1位は、轟産業の社長「酒井貞美」氏だ。工業技術関連の専門商社で工業計測器等を取り扱う。年齢は94歳で、会社設立時(1954年)から今日まで半世紀以上、社長を務めている。

2位は、北辰商事の社長「太田実」氏。埼玉県を中心にディスカウントストアを展開。年齢は93歳で、こちらも会社設立時(1970年)より48年間務めた。2018年6月30日に退任しているが、今回のランキングでは太田氏は2018年6月時点のものとして掲載した。

3位は、伊藤組の社長「伊藤義郎」氏。伊藤組土建のグループ会社で、ビル・不動産事業や北海道内でケンタッキーフライドチキンの店舗営業を行う。年齢は91歳で社長就任から50年以上経過、会社自体も創業1893年の老舗だ。

『2019年版 会社四季報 未上場会社版』。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

同3位は、岐阜放送の代表取締役会長「杉山幹夫」氏。岐阜県でラジオ・テレビの放送事業を行う会社。年齢は91歳、就任が2004年のため前3者と比べると就任期間は短いがそれでも約14年間務めている。

続く5位からの会社もそれぞれ代表者は90歳。上位50社でも80歳以上の代表者が並ぶ。高齢者が活躍する一方で、社長交代や事業承継の困難さが浮き彫りとなっているとも言える。

今回の調査でも回答全体での企業トップの平均在任期間は8.1年、20年以上在任しているトップも1割以上いることがわかった。中小企業では、人手不足が深刻さを増し、廃業せざるをえない会社も出ているという声も聞かれる。未上場会社会社は日本経済を支えるうえで重要な存在であり、その存続のために、次世代への継承や発展も重要な要素だ。

■出典
2018年版「中小企業白書」全文
総務省統計局 平成24年経済センサス-活動調査 調査の結果
次ページ81歳以上の年長社長は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。