強盗で逮捕、イベントサークルの異様な実態

「神7」日大生ら幹部たちの豪勢な日常は…

被害にあった西原さん(仮名)が見せてくれた契約書には大人顔負けの文言が並ぶ。大学生には十分な脅しになるだろう(写真:週刊女性PRIME)

学生サークルTLに無理やり勧誘され、強引にお金を巻き上げられてしまいました。弱い立場の高校生や未成年に、脅しをかけて、まるでカツアゲのようです。怖くてどうしていいのかわからず、夜も眠れません。

これは今年の3月にネットに投稿された相談だ。ほかにヤフー知恵袋などにも同様の相談が数件寄せられていた。

毎月のノルマ

イベントサークルの運営費を取り立てようと、東京・西麻布の路上で元メンバーの男子大学生の首を絞めてバッグを奪ったとして、警視庁麻布署は、強盗の疑いで日本大学商学部4年の村尾光康(21)と同大国際関係学部4年の清水勝護(22)の両容疑者を逮捕した。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「もみ合いになったが、バッグを拾い上げただけ」などと否認しているが、学生が逃げ込んだタクシーの車載カメラには、学生を車から引きずりおろそうとする村尾容疑者の様子が映っていたという。

捜査関係者によると2人は複数の大学の学生が集まるイベントサークル「TL」の幹部。村尾容疑者が副代表でナンバー3、清水容疑者が最高幹部でナンバー4だった。

「TLとはトゥルーラブの略で、いわゆるインカレサークルです。2014年に村尾容疑者の兄が立ち上げて、約10人の幹部と約150人のメンバーで構成されています。

幹部メンバーらには毎月4人を入会させるノルマがあり、達成できない場合は4人分の会費12万円の罰金が課されていたそう。幹部の上位7名が“神7”的扱いで最もおいしい役どころ」(社会部記者)

入会時には学生証などのコピーをとって、契約書にサインさせ、やめる際には10万円以上の高額な退会費を請求していたという。

TLに75万円以上を騙し取られたという西原亮さん(仮名・21)によると、

「イベントサークルをうたってSNSなどで人を募っていますが、実際はイベント勧誘サークルで、ねずみ講式に人を引き入れていくところでした。自分も新宿の事務所に連れていかれ、どうすれば集客できるか説明を受けました」

次ページSNSで見えた豪遊
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。