ウクライナ出身女性が和菓子で表現した新味

作り始めて1年半、夫婦共作でグランプリ

ウクライナ出身のイリーナさんが作り出す和菓子、その味とは(写真:krblokhin/iStock)

コーヒーに合う創作和菓子をテーマにした全国公募コンテストで、福井県小浜市一番町の老舗和菓子店・伊勢屋で働く谷川イリーナさん(30歳)=ウクライナ出身、同市在住=のリンゴとシナモンなどを組み合わせた蒸しようかんが、最高賞のグランプリに選ばれた。和菓子製造に携わり始めてわずか1年半余りでの快挙に、イリーナさんは「まだまだ勉強して新しい技術を身に付けたい」と意気盛んだ。

コンテストはコーヒー製造・販売の味の素AGF(本社東京)が「コーヒー『煎』と共に楽しむ創作和菓子」をテーマに初めて企画した。全国から91件の応募があり、2次審査を通過した34件からイリーナさんの作品「穏やかな珈菓(こうか)」がグランプリ(賞金30万円)に選ばれ、11月26日に東京都内で表彰式が行われた。

「斬新な組み合わせ」と高い評価

この作品は、刻んだリンゴを黒糖で煮詰め、白あんなどと混ぜた蒸しようかん。シナモンとショウガを加えてアクセントを付けた。リンゴと寒天などで作ったようかんでくるみ、独特の曲線が柔らかな美しさを醸し出している。

グランプリに選ばれた創作和菓子を手に、笑顔を見せる谷川イリーナさん(写真:福井県小浜市一番町「伊勢屋」)

事務局によると、全国和菓子協会長らによる最終審査では見た目と味に加え、「コーヒーと和菓子が対等に引き立て合っている」というバランスの良さも高く評価された。

夫の智春さん(35歳)と2015年に小浜市に移り住んだイリーナさんは、昨春から伊勢屋で調理補助に従事。応募に向けてコーヒーとの相性などを連日研究し、リンゴにシナモンのスパイスを合わせることを思いついたという。智春さんに日本語訳をしてもらって応募用紙にレシピを記入。“夫婦共作”で最高賞を受賞した。

「まだまだプロフェッショナルではないので、少しずつ勉強していきたい」というイリーナさん。賞金の一部で「和菓子を作る道具を買いそろえたい」とさらなる意欲をみせている。

伊勢屋6代目の上田浩人さん(34歳)は「この蒸しようかんは斬新な組み合わせでおいしい」と目を細め、「努力家のイリーナさんの受賞は良い刺激になる」と話している。グランプリ作品は近く同店で商品化する予定。

福井新聞の関連記事
北陸3県の「贅沢おにぎり」セット
大型店「元日は休業でいい」57%
勝山「恐竜」道の駅、本格造成工事
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。