荷物だけ預ける新世代トランクルームの魅力

うまく使えば家賃もムダなモノも減らせる

うまく利用によって家賃を削減することも可能だ(写真:cybrain/iStock)

家やオフィスに常時置いておかなくてもいいけれど、捨てるわけにもいかない。そんなものはありませんか?

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

私の場合、会計データの元になる資料がその最たるもの。一定期間保管しておく必要はあるものの、手元に置いておく必要はありません。

もう少し日常的なものでいえば、書籍やCDなどもしかり。今すぐ「廃棄する」と決めることはできず、もう少し悩む時間が欲しい、と思うアイテムがあります。

トランクルームを借りればその悩みは解決します。けれど、場所や広さのマッチするものがあるとは限りません。また、トランクルーム内の整理も自分でする必要がありますし、運び入れたり運び出したり、意外と手間がかかります。

ダンボール単位で荷物を預かってくれるサービス

そんな時に目に飛び込んできたのが、宅配型トランクルームサービスでした。トランクルームを借りるのではなく、ダンボール単位で荷物を預かってくれるサービスです。しかも、専用ダンボール箱に詰めれば、指定場所まで取りに来てくれてトランクルームまで運び入れてくれる。さらに、依頼をすれば、預け入れてあるものを取り出して届けてくれる。

非常に便利なサービスだと思いました。

このようなサービスは、以前から存在していましたが、ベンチャー企業の参入もあって、使いやすく進化しているようです。ベンチャー企業が老舗の倉庫業者や物流業者と組んで、便利な仕組みやアプリを作ってサービスを展開しており、料金もとてもリーズナブルなのです。

私が利用している宅配型トランクルームサービスの1つは、サマリーポケットさん。箱のサイズやプランの内容によりますが、38センチ四方のダンボールを預けた場合の月々の保管料は250円(税別)。

もう1つ、会社の書類の保管で利用しているのが、スマート書庫さん。43センチ×32センチ×28センチの箱を預けた場合、毎月100円(税別)です。

それぞれどんなアイテムを預けられるかといった制限はあり、例えばスマート書庫さんで預けられるのは書類のみとなりますが、上記以外にもたくさんの宅配型トランクルームサービスがありますので、それぞれのニーズに合ったものが見つかると思います。

次ページ1平米の値段はいくら?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。