子供の頃の自分に今だったらかけられる言葉

「いつかできる」「人と違ってたって悪くない」

あのときお母さんにかけてほしかった言葉に気がついたら、涙が止まらなくなった(イラスト:わたなべ ぽん/『自分を好きになりたい。~自己肯定感を上げるためにやってみたこと~』より)

累計20万部突破!『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』のわたなべぽんさん最新作がこちら、『自分を好きになりたい。~自己肯定感を上げるためにやってみたこと~』です。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

テーマは自己肯定感。幼少期のしんどい親子関係から自己肯定感が低くなってしまい、「どうせ自分なんて……」「自分が嫌い」というつらい感情を抱えて生きてきた著者が、そんな状況から脱するためにいろいろと考えたり試したりしていきます。

生きづらさを自ら克服していく様子を描いた感涙エッセイ漫画。少しずつですが、ぜひお読みください。

子どもの頃、やってみたかったこと

次ページ「できなかったこと」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。