子供の頃の自分に今だったらかけられる言葉

「いつかできる」「人と違ってたって悪くない」

あのときお母さんにかけてほしかった言葉に気がついたら、涙が止まらなくなった(イラスト:わたなべ ぽん/『自分を好きになりたい。~自己肯定感を上げるためにやってみたこと~』より)

累計20万部突破!『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』のわたなべぽんさん最新作がこちら、『自分を好きになりたい。~自己肯定感を上げるためにやってみたこと~』です。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

テーマは自己肯定感。幼少期のしんどい親子関係から自己肯定感が低くなってしまい、「どうせ自分なんて……」「自分が嫌い」というつらい感情を抱えて生きてきた著者が、そんな状況から脱するためにいろいろと考えたり試したりしていきます。

生きづらさを自ら克服していく様子を描いた感涙エッセイ漫画。少しずつですが、ぜひお読みください。

子どもの頃、やってみたかったこと

次ページ「できなかったこと」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。