高級ダウン「カナダグース」、人気ゆえの悩み

日本総代理店の幹部に聞くブランドの今後

トレードマークは中心部に北極点を刺繍した丸いワッペン。10万円前後もするのに、供給量がまったく追いつかないほどの人気だ(撮影:尾形文繁)

冬シーズンに向けて、今年もよく売れている人気高級ダウンジャケットがある。「カナダグース」だ。購入層は男女とも主に20~40代。税込みで10万円前後するが、まだ11月初旬にもかかわらず、どの取扱店でも入荷済みの定番商品はほぼ完売し、極端な品薄状態が続いている。

伊勢丹新宿店では、今年からカナダグースの人気モデルの販売方法を変更。店頭入荷する商品をあらかじめサイトで告知し、購入希望者は指定のデジタルチケットサービスで入場順を事前に抽選する形に変えた。昨年以上に問い合わせが多く、店頭での混乱を避けるためだという。それほどまでに人気のカナダグースとは一体、どんなブランドなのか。

約60年前にトロントで創業したカナダグースは、北極・南極圏で活動する冒険家や観測隊、寒冷地での映画撮影スタッフなどにダウン衣料を提供してきた会社だ。同社のダウンジャケットはやや堅めの丈夫な生地と防寒性の高さが特徴で、軽さやシルエットを重視したヨーロッパブランドのファッション系ダウンとは見た目も作りも大きく異なる。

日本企画のモデルで人気に火が付く

日本で人気に火が付いたのは比較的に最近のこと。日本で着るには暑く、サイズも大きすぎるとして、以前はあまり売れていなかった。そこで当時の国内代理店が本国に掛け合い、ダウン量を減らし身幅も細くした日本企画のモデルを2012年に発売。この「ジャスパー」と呼ばれるミドル丈の男性用モデルが人気となったうえ、アジア人の体型に合わせたモデルの展開も始まると、さらに日本での販売が伸び始めた。

カナダグースは2013年に米投資会社・ベインキャピタルの出資を受け、昨年春にはニューヨークとトロントの株式市場に上場を果たした。11月1日時点での時価総額(円換算後)は約6850億円と直近の年商の10倍以上に達しており、投資家たちからも高い注目を集めていることがうかがえる。

アパレル不況が叫ばれる中、なぜカナダグースの高級ダウンジャケットは多くの消費者から支持されるのか。日本での価格設定やブランドの立ち位置は今後どうなるのかーー。国内総代理店のサザビーリーグでカナダグース事業の責任者を務める、平井洋司・リトルリーグカンパニーオフィサーに話を聞いた。

次ページ人気沸騰の理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。