増える「空き家」の改善が円滑に進まない理由

特措法で所有者特定進むも自治体対応に限界

空き家を撤去し整備した越前町のポケットパーク。土地の利用法は集落で決める(写真:福井新聞)

倒壊など著しい危険がある福井県内の「特定空き家」が増えている。今年7月時点で8市町152軒。2015年に特別措置法が施行され、市区町村は所有者に撤去や修繕を勧告、命令できるようになった。ただ、所有者特定に半年以上かかったり、所有者と連絡が取れなかったりすることも多く、空き家の改善は円滑には進んではいないようだ。

「受取拒否」

「県外に住む特定空き家の所有者に(改善を求める)文書を郵送したら、『受取拒否』と書かれて送り返された」。

8月22日に県庁であった「県空き家対策協議会」で、ある市担当者が報告した。別の市担当者は「送り返されてくるだけまし。まったく反応がないことも多い」。ある町担当者は「仮に県外の所有者のところに職員が行っても、会えるかどうか分からない。何日も張り込みをしないと会えないかもしれない。そんな手間とお金は掛けられない」と打ち明ける。

未登記の家屋もある。その場合は固定資産税の情報を基に、所有者をたぐっていく。所有者が既に亡くなっているときには、法定相続人は子や孫になり、その数は一気に増える。福井市の担当者は「1軒の空き家につき、改善を求める文書を30人ほどに郵送したこともある」。福井とのゆかりを認識していない人もおり、驚かれることもあるという。

次ページ指導止まり
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。