新型新幹線N700S、「8両化」に隠された狙い

7両編成のドクターイエローを造る可能性も

JR東海は10月24日、8両編成の「N700S」の確認試験車を報道陣に公開した(撮影:尾形文繁)

「以前は計測されたデータが紙で出てきた。乗車するスタッフもずっと多かった。時代が大きく変わりましたね」と、JR東海(東海旅客鉄道)の技術スタッフが昔を振り返った。

JR東海の新型新幹線「N700S」確認試験車が10月24日、同社の浜松工場で報道陣に公開された。N700Sは2020年度に営業運転を開始する予定だ。その前に試験走行を行って量産化に必要なデータを収集するのが今年3月、一足先にデビューした確認試験車の役割だ。

N700Sの確認試験車の車内。パンタグラフの集電性能や走行安全性を測定する(撮影:尾形文繁)

営業用車両と違い、この列車には走行安全性や集電性能を測定する検査機器が設置されている。センサーが車輪にかかる荷重や圧力を測定し、車輪の状態を車内の機器で解析する。データはモニターに映し出されるが、この日、それを見ているスタッフは1人だけだった。昔のように大掛かりではなくなったが、新しい列車が新しい区間を安全に走るためには欠かせない作業だ。

さまざまな編成で運行が可能に

パンタグラフの集電性能を大幅に高めたのもN700Sの特徴の1つだ。確認試験車ではカメラやセンサーを使ってパンタグラフと架線の接触状況をチェックする。東海道新幹線では1編成当たり2つのパンタグラフを使って架線から電気を取り入れているが、集電性能の向上により1つにできれば、パンタグラフが発する摩擦音や風切り音が半減し、騒音問題の改善につながる。

走行安全性も集電性能も重要な改善だが、利用者の目には見えにくい。しかし、N700Sにはずっとわかりやすい特徴がある。本来の16両編成から基本設計を変更することなく6両、8両、12両といった短い編成にすることが可能なのだ。この日登場したN700Sも8両編成だ。

16両編成を8両編成としたため、9号車の隣は6号車となっている(撮影:尾形文繁)

従来の新幹線では中間車両の外観は同じに見えるが、床下に配置されているインバーター・コンバーター、変圧器などの組み合わせは車両によってまったく違う。しかし、N700Sでは床下機器の小型化が進み、機器配置の柔軟性が高くなったことで、床下機器の配置による中間車両の違いは従来の6種類から2種類へと大幅に減った。そのため、N700Sは基本設計を変更しなくても、6両、8両、12両などさまざまな編成で運行することが可能となった。

次ページ東海道区間を8両編成が走る可能性は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。