「続日本100名城」選定城跡にファンが続々

スタンプラリー効果で来訪者数は約3倍に

続日本100名城スタンプラリーの効果で、来訪者数が大幅に増えている玄蕃尾城跡=10月18日、福井県敦賀市と滋賀県長浜市の市境(写真:福井新聞)

「続日本100名城」に選定されている福井県嶺南地域の山城跡、玄蕃尾城(敦賀市、滋賀県長浜市)と佐柿国吉城(美浜町)の来訪者数が本年度、大幅に増えている。4月から始まった続100名城を巡るスタンプラリーの効果が大きく、全国からファンが続々と訪問。ブームの到来に両城跡の関係者は「注目を浴び、山城の魅力が広く伝わるのはありがたい」と喜んでいる。

玄蕃尾城は1583(天正11)年、柴田勝家が賤ケ岳の戦いで本陣を置いた山城として知られ、1999年に国史跡に指定された。佐柿国吉城は1556(弘治2)年、若越国境に粟屋勝久が築城したとされ、越前朝倉勢の侵攻を撃退し続け、難攻不落の城として名をはせた。

日本城郭協会が続日本100名城に選定

両城跡は昨年4月、日本城郭協会が続日本100名城に選定。県内では他に越前大野城(大野市)、福井城(福井市)も選ばれた。同協会はスタンプ帳付き公式ガイドブックを発行し、今年4月6日から100城を巡るスタンプラリーを始めた。玄蕃尾城のスタンプは敦賀市刀根にある城跡駐車場の見学者受付、佐柿国吉城は若狭国吉城歴史資料館で押印できる。

来訪者が昨年度より倍増ペースになっている佐柿国吉城跡=10月19日、福井県美浜町佐柿(写真:福井新聞)
次ページスタンプラリーの効果は明らか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。