CEATEC出展に3メガバンクが本気になるワケ

情報銀行に仮想通貨、見本市に異端児が参入

今年が3回目の出展となる三菱UFJフィナンシャル・グループのブース(記者撮影)

10月16〜19日の4日間、千葉県の幕張メッセで「CEATEC JAPAN 2018」(以下シーテック)が開催されている。シーテックはIT・エレクトロニクス総合展として発足した家電見本市で、今年は家電メーカーやIT企業など出展企業・団体は725に及ぶ。

だが、ここ数年、異業種企業の参入も目立つようになっている。中でも異彩を放つのが、近年、フィンテックへの傾斜を強めるメガバンクの出展だ。

メガ最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループは会場の真ん中にブースを設置し、グループ各社による20のサービスを展示した。中でも来場者の高い関心を集めていたのが、スマホを活用してATMでの引き出しや振り込み手続きを簡略化するサービス「mini(ミニ)」だ。

「情報銀行」のアイデア

miniは、キャッシュカードとスマホを連携させると、暗証番号を入力することなしに、スマホをかざすだけでATMから現金を出金できる。連休明けや週末にATMでの待ち時間を大幅に減らす効果が期待できる。担当者は「キャッシュレス時代に、デジタルに抵抗のある高齢者にも使えるサービスを目指している」と話す。

同社のブースでは、フェイスブックやグーグルプラスに代表される情報流出事件や欧州のGDPR(EU一般データ保護規則)導入により注目が高まっている情報銀行「DPRIME」のアイデアも示された。

信託機能を使ったDPRIMEは、行動履歴や健康状態などのデータをアプリに蓄積し、個人の同意を得た場合、銀行が企業にデータを提供する。個人はデータ提供の対価として、企業から金銭やサービスを受け取る。2019年度のサービス開始を目指して実証実験を進めている。

また、デジタル通貨「coin」で、1円未満の取引を行う活用事例も紹介された。実際の現金では取引できない金額だが、デジタル技術を使えば実現可能なことが示された。

次ページ三井住友はAIを活用
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。