テイラー・スウィフトの実像を歪ませた妄想

右も左も彼女の政治姿勢を勝手に決めていた

10月9日、米音楽賞アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)の授賞式がロサンゼルスで行われ、テイラー・スウィフトが最高賞の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を含む4部門で受賞した(写真:ロイター/Mario Anzuoni )

アメリカは11月の中間選挙を前にトランプ大統領の脱税疑惑が報じられたり、「トランプの忠実な代弁者」とされてきたヘイリー国連大使が辞任を表明するなど揺れているが、トランプ支持者は相当に強固な岩盤と化しており、崩れることはないのではないかというのが専門家の見立てらしい。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

トランプ支持層には、「オルタナ右翼」と呼ばれる排外主義的な極右思想の集団や、陰謀論に傾倒して「信じたいものだけを信じる」集団などが形成されている。日本で言う「ネトウヨ」がさらに症状を悪化させたような状態だ。そして、自己都合で過激な極右思想に対抗して活動しているのもまた、何事も自己都合に解釈する極左の集団である。

オルタナ右翼「えっ、僕らの女神じゃなかったの!?」

10月7日夜、アメリカで若者からの絶大な支持を誇る歌手テイラー・スウィフトさんが、1億1200万人のフォロワーを持つ自身のインスタグラムで、突如、11月の中間選挙では地元テネシー州の与党・共和党の候補を支持しないことを表明、投票を呼びかけた。テイラーさんは、これまで自身の政治的信念を一切表明してこなかったため、この呼びかけは驚きを持って瞬く間に広まり、投稿後24時間で6万5000人が有権者登録の手続きを行ったという。トランプ大統領は、記者につつかれ「彼女の音楽を前より25%好きじゃなくなった」と発言している。

「共和党不支持」を表明したテイラー・スウィフトさんのインスタグラム
次ページオルタナ右翼がこの事態に発狂
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。