会議をムダな時間に終わらせない質問のコツ

本音を言わない相手からうまく引き出すには

人間関係をリカバーするフレーズの例(画像:幻冬舎plus)

プロジェクトの早い段階で、参加者のコミットがまだ熟していないと、「保守的に過ぎる姿勢」「気づいていないことにしよう症候群」などが発生することがあります。

まだ責任も権限もない時点で、人が取りがちな行動パターンです。しかし、それを許していると、いつまでも議論が核心を突いたものにならず、プロジェクトの進みが大きく妨げられます。

早い時期であっても、担当を明らかにし、毎回の会議で意図的に宿題を設定していきましょう。あなた自身が準備に汗を流していれば、作業で若干のロスが出たとしても文句は出ません。

メンバーの意欲を低下させる、「なんとなく終わる会議」の責任はすべてMCにあります。

「参加者の課題をつくる」こともプロジェクトを進めていく重要な任務です。

刑事の質問 「儲かってる?」

20代後半のころ、私はデベロッパーで不動産仲介の営業所長をやっていました。

『フランスの悪魔に学んだ3秒仕事術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

あるとき、営業所で管理していた高額の印紙類がなくなっていることがわかりました。会社の指示で警察に届けたところ、なんと本物の刑事さんがやってきました。

所内をしばらく調べてまわったあと、ポロッと、

「不動産って景気いいんだってね。所長さん、儲かってるんじゃないの?」と言われました。

「いえいえ、サラリーマンですから」

なにげなく答えて、その場は終わったのですが、あとで、「もし、自分が印紙をくすねていたら、ドキッとして、顔に出たかもしれない」と思いました。

刑事さんはムダなことはしません。最強の「ブラック質問」だったに違いありません。

幻冬舎plusの関連記事
2019年~2038年の伸びる業界、縮む業界
プレゼンを絶対成功させる「グラフ」の上手な使い方
真田幸村の悲しみと出征前の画学生の生への希求に圧倒される長野上田の旅
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT